目の上のお悩み

目の上がくぼんでいると、疲れているような印象や眠そうな印象になりやすいです。

目の上がくぼんでいる

目の上のくぼみの原因としてはさまざまなものがあります

  1. もともとまぶたの脂肪が薄い
  2. 以前の手術で脂肪を取りすぎた
  3. 加齢で脂肪が減ってきた
  4. 眼瞼下垂などで目の開きが弱いため、眉毛を上げることでくぼみが出てくる

などがありますが、一番多いのはおそらく4です。

1、2、3の場合は、柔らかいヒアルロン酸を少量入れてボリュームUPを図る方法があります。入れすぎると、笑った時にポコッと形が浮いたりしやすいので、少し物足りないぐらいの少なめの量を入れて、減ったら少し追加というケースが多いです。

4の場合、眼瞼下垂手術眉下切開二重手術などで、目が開きにくい原因を解決する必要があります。

このような方の場合、二重にするだけでも、目が開けやすくなって目の上のくぼみが改善します。

まぶたが厚い、二重にしたい

これらの目のお悩み(二重手術など)に関しては、こちらをご覧ください

目元の悩み 

当院大人気の切らない二重手術(埋没法)をはじめ、目頭切開、全切開、眉下切開などの切開手術、ヒアルロン酸注入まで、目元のお悩みをあらゆる方法で解決します。

続きを見る

目尻のお悩み

昔はこんなところのしわは気にならなかったのになというポイントの目尻のしわ。

笑った時にできるしわが気になる

カラスの足跡とか呼ばれたりするしわです。目を取り囲む眼輪筋という筋肉が笑った時に動くことでできます。

しわの周囲にボトックス注入すると、眼輪筋の動きが弱まり、しわが改善します。また、若干目が開きやすくなる効果もあります。

笑っていなくてもしわがある

上記①のしわが進行すると、皮膚にくせができてしまい、笑っていなくても薄く皮膚に型がついたようにしわが残ります。この場合でもまずはボトックスで動きを弱めることが大事です。ボトックスのみではすぐに改善しないケースも多いので、ボトックスを効かせた状態で柔らかいヒアルロン酸を薄く注入することもあります。皮膚にハリを出すための水光注射も効果的です。

目の下のお悩み

目の下は、年齢を問わずお悩みの方が多い部位です。原因によって治療法も様々です。

目の下のクマが気になる

目の下は皮膚が非常に薄く、すぐ下に骨があるため皮膚がダメージを受けやすく、いろいろなお悩みが出てきやすい部位です。
目の下のクマには、大きく分けると次のようなものがあります

- 青グマ -

血管が透けて青く見える。皮膚の薄い方、色の白い方では特に目立ちやすくなります。当院では、皮膚のハリを出すための水光注射を行っています。

- 茶グマ -

皮膚の色素沈着によるものです。目の下は、洗顔やメイクを落とす際についつい力を入れてこすってしまいやすい部位であり、下の骨と皮膚がこすれることによる皮膚の小さいダメージが蓄積してきます。こすらないように心掛けるとともに、美白作用のあるアイクリームなどを地道に使用していくことが大事です。(アイスクリームではありません)

メタトロン化粧品 ブライトアップクリーム

- 黒グマ -

膨らみや凹みによって影ができることが原因です。膨らみの程度、凹みの程度によって治療方針が変わってきます。
膨らみが強い場合・・・膨らみを改善する目の下のふくらみ取り
凹みが強い場合・・・凹みを改善するためにヒアルロン酸等を注入する

どういった方針が適しているかは、状態によって大きく変わってきます。カウンセリングで診察後、適切なご提案をさせていただきます。

目の下の細かいしわが気になる

まつ毛のすぐ下の部分に出やすい、いわゆるちりめんじわと呼ばれるもので、皮膚のハリの低下が主な原因です。

ヒアルロン酸等の注入を行うと、しわは少し伸びますが、ミミズ腫れのようになったり、たるみのように膨らんで見えたりするリスクが高く、当院ではおススメしておりません。

水光注射を月1〜2回程度を目安に行って、目の周りの皮膚全体にハリを出していく方法が安全で効果的です。

涙袋を作りたい

ヒアルロン酸注入による涙袋形成がお手軽で、大きさや形の調整もしやすくおすすめです。当院ではビタールライトという柔らかくなじみのよいヒアルロン酸を使用しています。

ほほのお悩み

ホホはお顔に占める面積が大きいため、お顔全体の印象を左右する部位です。

ほほがコケているのが気になる

たるみが進んでいると、フェイスラインにボリュームが出るため、お顔の側面に凹凸ができ、ホホが余計にこけて見えてしまいます。
痩せている方やホホ骨がもともと張っている方では特に気になりやすい傾向にあります。
ホホの凹んでいる部分にヒアルロン酸を注入すると、凹凸が滑らかになり、お顔全体がスッキリと見えるようになります。

ゴルゴ線が気になる

目の下から外側に続く、斜め下に向かうくぼみをゴルゴ線といいます。

加齢によるほほのたるみや、体重減少により脂肪が減ることによって目立ってきます。
皮膚の下の構造(靭帯や骨の形)によって、ゴルゴ線が出やすい方、出にくい方がおられます。

ゴルゴ線にはヒアルロン酸注入が非常に効果的です。ゴルゴ線を持ち上げるようにしてヒアルロン酸を注入すると、ホホ全体がリフトアップする効果をもたらすことができます。

ホホ骨付近の脂肪が多く、顔が膨らんで見える

ホホ骨付近の皮下脂肪が厚い方では、顔が丸く見えたり、笑った時に目が下から押されて目が小さくなったりします。
この部位の脂肪は、加齢とともに減少してくる傾向にあるため、若いうちに減らしすぎると将来ホホがこけやすくなったりするリスクがあり、あまり減らさないほうがよいでしょう。

脂肪溶解注射(BNLS neo)を少量注射して、わずかな変化ぐらいにとどめておくのがよいと思います。

ほうれい線のお悩み

影ができて気になりやすいランキング(たぶん)一位のほうれい線。

(深い)ほうれい線が気になる

ほうれい線は、たるみが気になり始めるきっかけとして最もよくある部位でしょう。
ホホのたるみの結果ほうれい線が現れてくる方や、もともとの骨格でほうれい線が出やすい方など、原因も様々です。
鼻の横が一番深く、口に近づくにつれて徐々に浅くなってくるのが典型的なほうれい線です。

昔からよく行うのは、ほうれい線に直接ヒアルロン酸を注入する方法です。
わかりやすい変化であり、今でもご希望の方は後を絶ちませんが、入れすぎたり、何回も注入を繰り返したりすると、不自然に膨らんだりしやすいのが注意点です。
最近では、ほうれい線に直接入れるだけではなく、ホホに注入して持ち上げるようなイメージでほうれい線を改善する方法が、自然に見えるため人気があります。

(浅い)ほうれい線が気になる

口の横に出やすい、薄い皮膚のくせのようにつきやすいシワです。深くはないのですが、ファンデーションがたまったりして意外と気になりやすいシワです。

たるみというより、皮膚のハリの低下が原因であることが多いです。笑い方によっても、出やすい人と出にくい人がいるでしょう。右と左でしわの程度が違うこともよくあります。

しわの部分に直接柔らかめのヒアルロン酸を注入することで改善します。
皮膚のハリが低下していることが原因なので、ハリを出すための治療として、水光注射やウルトラセルQプラスもおススメです。(顔全体への治療となります)

投稿日:2019年4月6日 更新日:

Copyright© 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック , 2019 All Rights Reserved.