リジュランi(サーモン注射)

細胞分裂を促し、皮膚の自己回復力を活性化

このような方におススメ

  • 目の下のちりめんじわが気になる
  • 肌のハリの低下が気になる
  • ヒアルロン酸を入れたことがあるが、ぼこぼこしてしまったことがある
  • ダウンタイムが少し取れる

料金

リジュラン
1本 ¥39,800

施術の説明

リジュランとは

リジュランは、肌そのものを若返らせる効果のある注射治療で、サーモンから抽出された有効成分であるポリヌクレオチド(PN)を20mg/mlと高濃度に含有する製剤です。

ポリヌクレオチド(PN)は、DNAの二重らせんを構成する物質で、細胞分裂の際に欠かせない存在です。成長因子の増産や毛細血管の循環促進、抗炎症作用などの効果があります。

それにより、肌のハリ感、小じわの改善、保湿力、皮脂バランスの改善等の効果を得ることができます。

また、高い抗酸化作用を持つ(ビタミンEの1000倍の抗酸化作用を持つ)アスタキサンチンも含まれており、肌の若返り効果をさらに高めてくれます。

目の下のちりめんじわなど、ヒアルロン酸注入ではボリュームが出すぎたり凹つきが出やすい部位への注入が可能です。

皮膚のターンオーバーに合わせて、月1回程度のペースでまずは3回程度受けられることをお勧めしています。回数を重ねると、徐々に効果が持続するようになってきます。

リジュランの特徴

PRPなどの自己血を使用した治療と比べて・・・

血液採取等の手間がかからない 価格が安い

成長因子注入療法と比べて・・・

成長因子が過剰に反応してしこりになったりするリスクがない

ヒアルロン酸注入と比べて・・・

塊として残るものではないので、しこりになったり不自然に盛り上がるリスクが少ない

水光注射と比べて・・・

ある程度の量を注入できるので、ふくらみの実感がしやすい

リジュランのメリット、デメリット

メリット

  • 他の施術では治療困難な部位(目の下などのちりめんじわなど)に注入できる
  • お手軽、安全である
  • (注入治療の中では)比較的安価

デメリット

  • ボトックスやヒアルロン酸と比べると効果がわかりにくいことがある
  • 回数がかかる
  • 数日間少し凹つきが出る
主な注入部位

目の下、口まわりなど

施術について

施術時間 約10~30分(部位による)
麻酔 笑気麻酔、麻酔クリーム(いずれもオプション)
施術中の痛み 非常に細い針を数十カ所刺します
通院 不要

注入後しばらくは、激しい運動やサウナなどは控えましょう(目安1週間)
注入部位のマッサージは、減りが早くなったり、しこりになるおそれがあったりするため、控えるほうが安全です。

一般的な経過

腫れ・赤み

注入後数日間は、蚊に刺されたような、ぼこぼこしたような膨らみが出ることがあります。約1週間以内にはなじんできます。

内出血

内出血がまれに強く出ることがあります。その場合、消失までに2週間以上かかることもあります。
(メイクをすればごまかせる程度です)

このような症状が出ることがあります

アレルギー症状

じんましん、全身のかゆみ、呼吸困難などが出た場合、アレルギー症状の可能性があります。

このような症状が出た場合、早めにご連絡ください。

強い内出血

注入部位全体、あるいはそれを越えて広く内出血が出る可能性があります。
冷やしたりする必要はなく、自然に改善していきますが、消失まで2週間以上かかることもあります(部位によっては数か月かかることもあります)。

腫れ、凹つきが長引く

皮膚の状態によっては、注入後の凹つきが長引く方もおられます。

注意事項

  • 注入直後は、不自然な凹つきが出ることが多いですが、数日で治まります。
  • 効果には個人差があります。

よくある質問

Q 効果はどれぐらいで出ますか?
A 1回で効果がわかる場合もありますが、3回程度継続すると効果が出やすくなってきます。(個人差アリ)

Q 効果が一度出ると、どれぐらい持続するのですか?
A 効果は永久ではありませんので、定期的(3から6か月程度)な注入がおすすめです。

新企画

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

© 2020 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック