埋没法 症例写真 目の手術

上まぶたのたるみを埋没法で改善ッッ

行った施術

グランドスクエア法(埋没法) 40代女性

⇐ 左右にスライドしてみてね ⇒

1か月
1週間
直後
previous arrow
next arrow
 

⇐ 左右にスライドしてみてね ⇒

 

手術の情報

目の手術歴 なし
アイプチ使用 なし
まぶたの特徴 皮膚のたるみあり
デザイン 平行型
腫れ やや強め
内出血 ほぼ無し

コメント

この症例の方は、最近まぶたが被さってきて目が重たいので、二重にしたいとのご相談で来られました。

上まぶたの皮膚のたるみがあり、まつ毛に被さってきて目を開けるのがしんどそうです。

目が開けやすくなるように、程よい広さの幅の二重をデザインし、

埋没法 グランドスクエア法 を行いました。

最初は腫れがやや強めでしたが、徐々に落ち着いてきて、1か月目の時点ではだいぶなじんできました。

たるみが強めの場合、手術して間もないころは、ラインが少し角ばったようになってしまいます。

腫れが引いて目が開きやすくなるにつれて、徐々にラインはきれいな曲線を描くようになります。

 

今回の方のようなお悩みをお持ちの方は非常に多いです。

上瞼のたるみに対しては以下のような方法があります。

  1. 二重手術(埋没法)で二重の幅を広げる
  2. 眉下切開で余っている皮膚を切除する

たるみが比較的軽度であれば、1の埋没法でも改善はできますが、たるみが強い場合は2の眉下切開でないと改善は難しくなってしまいます。

根本的な解決になるのは眉下切開ですが、最初は傷が目立つなど、ダウンタイムが少し長めに必要な手術になります。

二重幅を広げると被さりは改善できますが、たるみの程度によっては二重が不自然に見えてしまう可能性もあります。時間が経ってたるみが進行してくる、二重ラインが薄くなってくると、また同じような状況になってしまいます。

ただ、埋没法は、切開と違って傷はできず、ダウンタイムも比較的短めで受けやすい手術なので、埋没法を選ばれる方が多いのも事実です。

どちらの方法がよいか、ご希望をお聞きしながら、カウンセリングで詳しくお話いたします。

施術の説明

埋没法二重手術

埋没法は、糸で止めて二重まぶたを作る、いわゆるプチ整形と言われる手術です。当院では圧倒的な人気を誇る施術です。

続きを見る

価格
グランドスクエア法 ¥145,000(モニター価格)

価格は変動することがあります

リスク・副作用
グランドスクエア法(埋没法)の術後は、48時間メイクができません。腫れは少なめですが、個人差もあり、全く腫れないわけでは決してありません。少しのダウンタイムが取れる時期に手術を検討されるのがよいと思います。内出血が出た場合、消失するのに2週間程度かかります。メイクをすればある程度ごまかせるようになります。その他、目がゴロゴロする、違和感がある、などの症状が出る可能性もありますので、気になる際は早めにご連絡ください。

 

埋没法100の質問

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

 

-埋没法, 症例写真, 目の手術
-, , ,

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック