ウルトラセルQプラス

このような方におススメ

  • たるみが気になる
  • フェイスラインをすっきりさせたい
  • ダウンタイムのない治療がいい
  • 二重あごをなんとかしたい
  • 肌を引き締めたい

通常料金

ウルトラセルQプラス
全顔(400ショット) ¥95,000
全顔(600ショット) ¥115,000
目周り ¥38,000
リニア4.5㎜(300ショット) ¥48,000
顔浅層300+リニア300 ¥120,000
リニア2.0㎜(300ショット) ¥48,000

当院のウルトラセルQプラスはドクター照射です

当院ではじめてウルトラセルQプラスを受けられる方は、施術は原則後日でご案内をしております。

全顔400ショット

3種類のカートリッジ(4.5㎜、3.0㎜、1.5㎜)を使用して、フェイスライン、あご下中心にお顔全体に400ショット照射します。

たるみがそれほど強くない方、皮下脂肪が少なめの方には400ショットでよいかもしれません

全顔600ショット

3種類のカートリッジ(4.5㎜、3.0㎜、1.5㎜)を使用して、フェイスライン、あご下中心にお顔全体に600ショット照射します。

たるみが強めの方、皮下脂肪が比較的多めの方には600ショットがよいでしょう。

目周り

目元専用の2.0㎜カートリッジを使用して、(眉毛の下も含めた)目の上、目の下を中心に目周りに約140ショット照射します。

主に、目の上の比較的軽めのたるみに対して効果的です。

リニア4.5㎜(300ショット)

4.5㎜のリニアカートリッジを使用して、フェイスライン、あご下に約300ショット照射します。

引きしめ効果に加えて、脂肪溶解効果もあるのが特徴です。

フェイスライン~あご下の皮下脂肪が多めの方、二重あごが気になる方に効果的です。

顔浅層300+リニア300

4.5㎜のリニアカートリッジを使用してフェイスライン~あご下に300ショット照射した後、3.0㎜、1.5㎜のカートリッジを使用して顔全体を引きしめていきます。

たるみが強く、フェイスライン~あご下の皮下脂肪が多めの方、二重あごが気になる方に効果的です。

リニア2.0㎜(300ショット)

2.0㎜のリニアカートリッジを使用して、お顔全体に約300ショット照射します。

2.0㎜の深さの真皮層にリニア状に熱影響を加えることで、毛穴の引き締め効果、肌のハリ感UP効果をもたらします。

施術の説明

ウルトラセルQプラスとは

ウルトラセルQプラスは、切らずにたるみを引き上げる治療機 HIFU(高密度焦点式超音波)を用いた、切らないたるみ治療です。

皮膚表面に直接熱を加えず、狙った深さのみに熱を加えることができるのがHIFUの特徴です。

ドクター照射で安心

当院のウルトラセルQプラスは全てドクター照射となります。

その方の脂肪のつき具合、たるみの程度などに合わせて、照射の範囲、密度、深さ、出力などを細かく調整しながら行っていきます。

高周波とHIFUの違い

HIFU以外のたるみ治療として、高周波がありますが、違いは以下のようになっています。

高周波たるみ治療の熱の伝わり方

深いところまで熱影響を与えようとすると熱の通り道である表皮や真皮のダメージが大きくなりすぎてしまう

HIFUの熱の伝わり方

狙った深さ以外にはダメージを与えることなく、狙った深さをしっかり治療ができるのがHIFUの大きなメリットです

照射する深さの違い

HIFUは照射する深さによって得られる効果が変わります。

違う深さに重ねて照射することで、高い効果が得られるようになります。

即時的効果としてのコラーゲン収縮が起った後、施術後3か月ごろまで二次的創傷治癒反応によるコラーゲンの再構築が起こり、長期にわたる皮膚のハリ、たるみの改善、引き締め・リフトアップ効果が得られます。

持続期間の目安は約6か月です。

4.5㎜

皮下脂肪の奥、大きなたるみの原因となるSMAS筋膜に照射することによって、しっかりとたるみを引きしめる効果があります。

3.0㎜

皮下脂肪層のコラーゲンに熱影響を与え、タイトニング効果をもたらします。

1.5㎜

主に真皮へ熱影響を与えることで、肌のハリ改善、毛穴の引き締め効果などをもたらします。

2.0㎜

1.5㎜よりは少し深い、真皮深層へ熱影響を与え、より高い毛穴引き締め、ハリ改善効果をもたらします。

ドット照射とリニア照射

ドット照射とは

従来のウルトラセルQプラスはドット照射と呼ばれる照射メカニズムでした

ドット(点)状に熱影響を与えることにより引き締め効果を狙っていきます。

照射部位は最高65度まで上昇します。

ドット照射のメリットは

  • 熱が拡散せず、ピンポイントに高い熱影響を与えやすい
  • コラーゲン変性→新生の反応を効果的に起こす

という点があります。これでも十分なのですが

リニア照射とは

ドット照射のメカニズムをさらに改良し、リニア(線)状に熱影響を与えることができるようになりました

最高温度は58度までですが、熱影響が広い範囲に拡散するのが特徴です。

4.5㎜リニアカートリッジによる照射では、熱が周囲の皮下脂肪へ拡散し、脂肪溶解反応が起こります。

これはドット照射では得られなかった効果です。

脂肪を溶解するので、あご下やフェイスラインなど、皮下脂肪が多くついている部分に照射していきます。

2.0㎜のリニアカートリッジによる照射では、皮膚の浅いところ(表皮や真皮の浅いところ)に影響を与えることなく、真皮深層にしっかりと熱影響を加えることができます。

肌の代謝を促進させ、毛穴の引き締め効果、肌のハリ感UP効果をもたらします。

期待できる効果

  • フェイスラインの引き締まり
  • 小顔効果
  • 毛穴の開きの改善
  • くすみの改善
  • あご下のボリュームダウン

照射直後から、フェイスラインの引き締まりを実感される方が多いです。(顔への照射)

照射後、3か月程度かけてさらに内部の引き締まりが持続します。

目安として、半年おきに継続されることをお勧めしています。

リニアに関しては、1カ月おきぐらいに3回を照射するとしっかりと効果を出すことができます。

このような治療も合わせていかがでしょうか

イオン導入

照射の施術後は、皮膚が乾燥します。

肌の沈静、保湿のために、イオン導入と合わせて受けることをお勧めしています。

イオン導入

イオン導入とは、皮膚を通して微弱電流を流すことにより皮膚のバリア機能を一時的に弱め、ビタミンC,トラネキサム酸のような美容成分を効果的に肌の奥へ浸透させる治療です。

続きを見る

YAGレーザー

ウルトラセルQプラスで肌の奥をケアした後、続けて肌表面をYAGレーザーでケアするとさらに効果的です。

YAGレーザー(トライビーム)

YAGレーザーは、継続して続けていただきやすい美肌レーザーーです。照射モードを調整することで、肝斑やくすみなどの色調改善から、毛穴、引き締めなどの肌質改善までさまざまな用途に使用できます。

続きを見る

ヒアルロン酸注入

ウルトラセルでは効果が出にくい部分に対して、ヒアルロン酸の注入治療を行うとお顔全体のバランスがよりよくなります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸だけでもしっかりと変わります。お顔全体のバランスを見ながら、ちょうどいい注入量で自然な仕上がりをお約束します。

続きを見る

施術前の注意事項

乾燥している肌への施術は負担となりますので、十分に保湿してください。

もともとのお肌状態によっては、治療を受けていただくことができないこともあります(乾燥が強い、光過敏症、など)。

日焼け後、長時間紫外線を浴びた後、目安として2週間は開けましょう

施術について

施術時間 約30~60分
麻酔 なし
施術中の痛み 部分的に少し奥にピリピリという痛み
通院 不要

施術後の生活について

UVケア、保湿は日常的にしっかりと行ってください。

洗顔・メイク等 当日から可
シャワー 当日から可
入浴 当日から可
治療間隔の目安 約6か月おき リニアは1か月おき

他の施術との間隔についてはスタッフにお尋ねください。

メリットとデメリット

メリット

  • ダウンタイム無しでお手軽
  • 効果の実感が早い
  • 手術に比べるとリスクが圧倒的に少ない

デメリット

  • 手術に比べると効果はマイルド
  • 効果に個人差がある
  • 他のレーザー系治療と比べると1回の料金が高い

一般的な経過

美白、美肌のレーザー治療、光治療全般に言えることですが、やけどや肌荒れのリスクはゼロでありません。

そのような場合、当クリニックで経過を診させていただきますので、施術後、ご不安な点がありましたら遠慮なくご相談ください。

赤み・ほてり

照射当日、翌日は赤み、かゆみ、火照り感などが出ることがありますが、通常はすぐに治まります。

このような症状が出ることがあります

アレルギー症状

じんましん、全身のかゆみ、呼吸困難などが出た場合、アレルギー症状の可能性があります。

このような症状が出た場合、早めにご連絡ください。

やけど

照射後、ひりひりと赤みがある場合、皮が薄く剥けている場合、火傷の可能性があります。

診察の上、必要に応じて処方等をいたしますので、気になる場合早めにご連絡ください。

色素沈着

照射後に皮膚のかゆみが強く、掻いてしまうことで炎症が悪化、長引くことが主な原因です。乾燥を防ぐため、しっかりと保湿を行いましょう。

ひきつれ感

ほほの奥、口の裏側あたりに突っ張るような、ひきつれるような感じが出ることがあります(顔への照射)。HIFUが奥までしっかり届いていることによるものであり、心配はありません。通常2週間程度で改善してきます。

ホホがこけたような感じ

非常にやせていて皮下脂肪がほとんどないような方では、照射直後から頬骨の下あたりがこけたような感じになることがあります。このような恐れのある方の場合、照射範囲を調整して行うこともありますが、それでもこけた感じが出ることがあります。

ずっと続くことはなく、通常は2週間程度で気にならなくなります。(顔への照射)

よくある質問

効果はどれぐらいで出ますか?

照射直後から、フェイスラインの引き締まりを実感される方が多いです。

照射後、3か月程度かけてさらに内部の引き締まりが現れてきます。(個人差があります)

間隔は6か月あけないといけないですか?

施術間隔の目安は6か月程度ですが、最短3か月間隔で受けていただくことができます。リニア照射は1か月おきに照射可能です。

痛みが心配です

顔の外側部分やあご下など、部分的に少し奥にピリピリする感じのお痛みがあります。痛みが辛いようなら出力を調整しますが、ほとんどの方は調整なしで受けられています。照射中ずーーっと同じように痛いわけではありません。痛い部分は、ちょっとピリッとするけれど何とか耐えられるかな、ぐらいの出力で頑張ってみられることをお勧めします。

日焼けをした後でも受けられますか?

HIFUは比較的安全に受けていただきやすい施術ではありますが、日焼けをして間もない時期は、火傷、色素沈着等のトラブルが起こりやすい状態ですので時期をずらすほうが無難です。

肌の色が変わるほど強く日焼けをした後は、肌の色がある程度元に戻るまでは治療を控えましょう(目安1か月程度)

肌の色は変わっていないけれど少し長く外にいた、といった場合、お肌の状態を診ての判断となりますが、目安1〜2週間程度はあけておくのが無難です。

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック