全切開 症例写真 目の手術 眼瞼下垂

眼瞼下垂手術なら、幅が広めの二重でもバッチリ決まる

行った施術

眼瞼下垂手術

目頭切開

10代女性

⇐ 左右にスライドしてみてね ⇒

6か月
3か月
1か月
1週間
直後
previous arrow
next arrow
 

⇐ 左右にスライドしてみてね ⇒

 

手術の情報

目の手術歴 なし
アイプチ使用 あり
まぶたの特徴 開きがやや弱い 左右差が強い

コメント

この症例の方は普段からアイプチで二重を作っておられました。やや広めの二重をご希望でしたが、埋没や普通の全切開では眠そうな印象になりそうです。

また、蒙古ひだの形や目の開きぐあいなどの左右差が強めです。

幅を広めにキープしつつ、目の開きも確保するため眼瞼下垂手術、目頭切開を行うこととなりました。

切開手術なので最初は腫れましたが、比較的順調な経過をたどってくれました。

もともと目の開きが弱く、幅のしっかりした二重をご希望の方に全切開手術のみを行うと、眠そうな印象になったり、(全切開であっても)取れるリスクが高くなったりします。

そういった方の場合、目を開く筋肉を補強する操作(眼瞼下垂手術)を行うことで、より自然な印象の二重を作りやすくなります。

施術の説明

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂手術では、目を開ける筋肉を縫い縮め、目が開けやすくなりぱっちりとした大きな目を作ることができます。同時に二重の作成も行います。

続きを見る

価格
眼瞼下垂手術 ¥350000(モニター価格)
リスク・副作用
眼瞼下垂手術は、抜糸までの1週間は目元のメイクはできず、術後2週間ぐらいは腫れ、内出血は強く出ます。完成は半年程度かかります。傷は二重のラインに重なり、目を開けた状態では見えませんが、閉じたときはわかります。最初は赤みが強く、数か月から数年かけて目立たなくなってきますが、最終的には薄い線として残ります。わずかな左右差は残ります。また、術後、幅を大きく変更することは困難なこともあります。その他、目がゴロゴロする、違和感がある、などの症状が出る可能性もありますので、気になる際は早めにご連絡ください。
目頭切開

当院大人気の目頭切開。平行型になりたい方、目が離れている方は、目頭切開をすることで、大きく印象を変えることができます。

続きを見る

価格
目頭切開 ¥165000(モニター価格)
リスク・副作用
目頭切開を行った場合、術後1週間は糸がついているので目元のメイクができません。目頭付近にできる傷は、術後1~3か月目ぐらいまでは赤み、凹凸が目立ちます(メイクをすれば隠せる程度です)
半年~1年かかって、少しずつ傷は目立たなくなりますが、最終的に完全に傷が消えることはありません。もともと目が離れていない方に目頭切開を行うと、目が寄ったような状態になり不自然になる恐れがあります。(カウンセリングにて、手術の適応かどうかを詳しくお話します)
目元の状態によっては、手術ができないこともあります。

モニター募集はコチラから

埋没法100の質問

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

 

-全切開, 症例写真, 目の手術, 眼瞼下垂
-, , ,

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック