このような方におススメ

  • 加齢とともに二重が狭くなってきた
  • 目の外側に皮膚がかぶさってきて重たい
  • まぶたが腫れぼったい
  • 自然に目を大きくしたい

料金

眉下切開
両目 ¥248,000
片目 ¥186,000

施術の説明

眉下切開とは

加齢とともに二重が狭くなってきた場合や、腫れぼったいまぶたをすっきりとさせたい場合、二重にすることでも対応はできますが、限界があります。

無理をして二重を作ってしまうと、不自然になりやすくなります。

そのような場合、眉下切開法がオススメです。

眉下切開法は、あまり知られていない方法ですが、まぶたのたるみを取る、まぶたの厚みを取るには、最も効果的な手術です。

 

眉下切開は、二重にする手術ではありません。

いかにも整形!な変化ではなく、眉と目の距離が縮まることで自然に目を大きくスッキリと見せることができます。

手術直後から目が開けやすくなった実感ができ、受けられた方の満足度が非常に高い手術です。

眉毛の下に沿って、このような形で皮膚を切り取ってきます。眉毛のすぐ下に線状の傷ができます。最初は赤みが目立ちますが、時間が経てばかなり目立たなくなってきます。

施術前の注意事項

アイプチ、花粉症などでかぶれが強い場合は手術できないことがあります。

まつエクは外しているほうが望ましいですが、外してなくても手術はできます。

施術について

施術時間 約60分
麻酔 局所麻酔・笑気麻酔・静脈麻酔(オプション)
施術中の痛み 最初の局所麻酔時に少しちくっとします。それが終われば痛みはありません。

 

ダウンタイムの過ごし方

術後1週間は傷に糸が付いています。術後のご予定を調整しておきましょう。

手術当日~術後1週間

術後1週間は傷に糸が付いていますのでアイメイクができません。めがねをかけたりしてごまかしてみましょう。

術後3日目ぐらいまでやや強めに腫れる傾向にあり、目が吊り上がっている感じがありますが、1週間目の時点ではある程度腫れは落ち着いてきていることがほとんどです。

術後1週間目以降

抜糸翌日からはメイクができるので、ごまかしやすくなります。痛みもよくなってきて、ほぼ通常通りの生活を送っていただけます。

お酒は飲んでも仕上がりには影響しませんが、しばらくの間はかなり腫れますのでほどほどに・・・

眉下切開は、傷は長いですが、腫れの回復は全切開よりも全然早いです。

洗顔 術後2日目から可 ※1
シャワー・洗髪 術後2日目から可 ※2
メイク 目元以外は可(目元は抜糸翌日から可)
洗髪 翌日から可
入浴・運動・飲酒 できれば1週間後から
コンタクトレンズ 抜糸翌日から可
マツエク 1か月後から

※1 目元以外の洗顔は当日から可。翌日はお湯をそっと濡らすだけなら可。

※2 首から下のシャワーは当日から可

 

一般的な経過

抜糸までの1週間、目元の傷に糸がついています

腫れ

術後数日は麻酔の影響もあり、やや強く腫れます。

3~4日程度で腫れのピークは越えてきますが、術後1週間目の抜糸まではメイクができません。

術後3か月程度で気になる腫れはほぼひきます。完成の目安は6か月ぐらいです。

内出血

上まぶたに少し出る場合から、下まぶたからほほまで広がる場合など、個人差があります。

徐々に薄く黄色くなっていき、通常2週間程度で改善します。

痛み

手術当日から2,3日程度、少し突っ張るようなお痛みが出ることがあります。痛み止めをお渡ししますので、気になる場合は無理に我慢せず服用ください。

傷跡

術後1週間は糸がついています。

抜糸後も、しばらくは傷の赤みや段差などが目立ちますが、数か月かかって、ゆっくりと改善していきます。

 

最終的には、眉毛が傷の周りに生えてきて隠されるためさらに目立たなくなりますが、傷は薄い線として残ります。

術前の皮膚の状態や、体質によっては、傷跡の凹凸が目立つことがあります。

傷の経過

術後1か月 メイクなしでは赤みはまだ強く、目立つ

術後6か月~1年 赤みが薄くなり、皮膚の色になじんでくる

眉毛の位置が変わる

術前と比べて、眉毛の位置が平坦になってきます。

(たるみは外側の方が強く、外側の皮膚を多めに切除するため)

二重の幅が変わる

二重にかぶさっていた皮膚が少なくなるため、皮膚切除量に合わせて二重の幅が広がります。

どれぐらい広くなるかを正確にデザインすることはできません。

 

このような症状が出ることがあります

施術を受けたことによる全身症状

だるさ、軽い発熱、吐き気、熱感、軽い頭痛など。通常は数日以内には治まります。

アレルギー症状

じんましん、全身のかゆみ、呼吸困難などが出た場合、アレルギー症状の可能性があります。このような症状が出た場合、早めにご連絡ください。

知覚の鈍麻・しびれ

傷周囲の皮膚を触った感覚がなんとなく違う感じ、しびれている感じがすることがあります。通常、3〜6カ月で自然に改善します。

左右差

もともとたるみの程度には左右差があり、手術にて左右の切除幅を調整していますが、完全に左右対称にはなりません。

術後半年程度様子をみていただき、それでも左右差が気になるときはご相談ください。

二重の幅が広すぎると感じる

術後も眉毛を上げる癖が強く残っている場合、二重が広く感じることがあります。

その際は、額のボトックス注射を行って眉毛を上げる癖を矯正する方法もあります。

たるみが残る

1回の手術で取れる皮膚の量には限界があるため、たるみが非常に強い場合はたるみが残ります。

部分的にたるみが残る場合、再手術で修正できることもありますので気になる場合はご相談ください。

 

よくある質問

Q 抜糸は7日目でないとだめですか?

A 抜糸は、手術後1週間を推奨しています。最短で5日目です。それより短いのはアカンです。

 

投稿日:2019年4月5日 更新日:

Copyright© 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック , 2019 All Rights Reserved.