症例写真 目の手術 目頭切開

それほど蒙古ひだが強くない方に、目頭切開でナイスすぎる変化を

行った施術

目頭切開 20代女性

⇐ 左右にスライドしてみてね ⇒

3か月
1か月
1週間
直後
previous arrow
next arrow
 

⇐ 左右にスライドしてみてね ⇒

 

手術の情報

目の手術歴 なし
アイプチ使用 なし
蒙古ひだ やや強い

コメント

この症例の方は、蒙古ひだの程度はそれほど強くありませんが、目が離れて見えるのが気になるとのことでした。

目が離れているのは骨格の問題であることが多いため、目頭切開であまり寄せすぎると不自然になってしまいます。

程よい変化が出るぐらいの切開幅をデザインし、

 

目頭切開を行いました。

 

目の形がきれいなアーモンド型になり、ぐっと印象が変わりましたね。

 

もともと目が離れている方が、目頭切開で目を寄せようとしすぎると、涙丘(目の内側のピンク色の部分)が見えすぎて不自然になってしまいます。

程よいところでとどめつつ、しっかりと変化を出すことを目指しています!

施術の説明

目頭切開

当院大人気の目頭切開。平行型になりたい方、目が離れている方は、目頭切開をすることで、大きく印象を変えることができます。

続きを見る

価格
目頭切開 ¥165,000(モニター価格)
リスク・副作用
目頭切開を行った場合、術後1週間は糸がついているので目元のメイクができません。目頭付近にできる傷は、術後1~3か月目ぐらいまでは赤み、凹凸が目立ちます(メイクをすれば隠せる程度です)
半年~1年かかって、少しずつ傷は目立たなくなりますが、最終的に完全に傷が消えることはありません。もともと目が離れていない方に目頭切開を行うと、目が寄ったような状態になり不自然になる恐れがあります。(カウンセリングにて、手術の適応かどうかを詳しくお話します)
目元の状態によっては、手術ができないこともあります。

埋没法100の質問

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

 

-症例写真, 目の手術, 目頭切開
-, ,

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック