症例写真 目の下のふくらみ取り 目の手術

気になる目の下のクマの撃退法

30代女性 目の下のふくらみ取り

行った施術

目の下のふくらみ取り

手術の情報

目の手術歴 あり
皮膚のたるみ ふつう
色素沈着 強い
腫れ 少なめ
内出血 ほぼ無し

コメント

この症例の方は、数年前から目の下のクマに対する手術のご提案をさせていただいていましたがなかなか決心がつかず、数年越しにようやく手術を受けていただくこととなりました。

涙袋にヒアルロン酸を何度か注入していましたが、目の下のふくらみが強いと涙袋の形が綺麗に出ません。ヒアルロン酸の入れる量や位置を調整してきましたが、やはり手術が確実でスッキリします。

手術後、腫れや内出血は比較的少なく経過しました。直後ではやや凹凸がありますが、数カ月かけて形がなじんできているのがわかりますね。

手術前から色素沈着が強めであったので、ノーメイクだとクマは残りますが、メイクをするとクマ感はだいぶスッキリしました。

施術の説明

目の下のふくらみ取り

目の下のポコッとした膨らみに対しては、皮膚を切らない手術(結膜側を切開する手術)によって改善できることがあります。

続きを見る

価格
目の下のふくらみ取り ¥144000(モニター価格)価格は変動することがあります
リスク・副作用
目の下のふくらみ取り行った場合、皮膚表面に傷がつかないのでメイクは当日から可能です。腫れ、内出血は個人差がありますが、1週間程度は違和感がまだ強いこともあります。内出血が広く出た場合、消失まで2,3週間程度かかります。術後、血の混じった涙が出ることがありますが、通常数日以内になくなります。手術で使用した麻酔液が出てきている影響であり、ご心配はいりません。

目の下のくぼみが強い場合、ふくらみ取りのみを行うとくぼみが強調される恐れがあります。脂肪注入やヒアルロン酸注入などを行う(同時または後日)と改善できるケースが多いです。

脂肪を取りすぎるとくぼみやすくなるため、適量を切除しています。術後、ふくらみが少し残って物足りない、という場合、再手術によって改善ができそうな場合は再手術を行うことができます。

 

-症例写真, 目の下のふくらみ取り, 目の手術
-

Copyright© 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック , 2019 All Rights Reserved.