ヒアルロン酸注入 ビタールライト 症例写真

涙袋があると、目の印象が優しくなりますね

投稿日:2019年4月27日 更新日:

20代女性

行った施術
ヒアルロン酸注入(ビタールライト)

涙袋にヒアルロン酸ビタールライトを注入した術前と術後1週間の経過写真です。

涙袋を作る場合、ヒアルロン酸注入がお手軽で形もきれいに仕上がります。ご希望に応じて、控え目、しっかり目、などの調整を行うことができます。

たくさん入れすぎると不自然になったり、何度も繰り返し注入している方だと形が出にくかったりしますので、注入前によく相談をしてから注入していきます。

ビタールライト

ビタールライトは非常に粒子が細かく、涙袋や唇などの、皮膚の薄い部分への注入に適しています。基本的にはマイクロカニューレを使用します。

続きを見る

施術の説明
価格
¥44000(モニター価格)
リスク・副作用
<腫れ>
直後から2,3日程度、少し膨れたような腫れが出ることがあります。メイクをすればごまかすことができます。その後も、触ると少し硬い感じがありますが、徐々になじんできます。<内出血>
針を刺した部位に小さく出る場合から、注入範囲を越えて広く出る場合まで、個人差があります。ほとんどの場合は、メイクをすればごまかすことができます。通常は1~2週間程度で消失します。
部位によって、また、内出血の程度によって、吸収まで時間がかかることがあります(数か月)。<感染>
ヒアルロン酸赤く腫れて痛む、といった症状が数日続く場合、上記が起こっている恐れがありますので、早めにご連絡ください。<血行障害>
施術当日~翌日ぐらいに、強い痛み、赤み、にきびのようなできもの、皮膚の変色等の症状があった場合、ヒアルロン酸によって皮膚の血行が鈍っている可能性があります。早めの処置が必要になることがありますので、そのような場合、お手数ですが様子を見ずに一度ご連絡ください。

 

-ヒアルロン酸注入, ビタールライト, 症例写真
-

Copyright© 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック , 2019 All Rights Reserved.