症例写真 目の手術 眉下切開

元のお顔の印象を大きく変えず、眉下切開で自然にまぶたをスッキリ

行った施術

眉下切開

20代女性

⇐ 左右にスライドしてみてね ⇒

6か月
3か月
1か月
1週間
直後
6か月右
6か月左
previous arrow
next arrow
 

コメント

目を大きくしたいとのご希望で当院へご相談に来られました。極端に印象は変えたくないとのご希望でした。

二重手術も検討しましたが、まぶたの厚みが強いため、全切開をしても厚みが気になってしまう可能性が高く、眉下切開をご提案しました。

ご本人様も納得され、眉下切開を行いました。

まぶたの厚みが程よくなくなり、自然に目が開くようになりました。

若い方は傷の赤みが出やすい傾向にありますが、術後6か月でだいぶ落ち着いてきました。ここから数か月~数年かかって傷はさらになじんで目立たなくなってきます。

施術の説明

眉下切開

加齢とともに二重が狭くなってきた場合や、腫れぼったいまぶたをすっきりとさせたい場合、眉下切開法がオススメです。

続きを見る

価格
眉下切開 ¥240000(モニター価格)
リスク・副作用
眉下切開手術は、術後1週間は糸がついているので目周りのメイクはできません。
腫れ、内出血は2週間ほどは強め、1か月でメイクすればある程度はごまかせるようになり、完成までは半年程度かかります。
傷はメイクをしなければ最初は結構目立ちます。ゆっくりと落ち着いてきて、最終的にはだいぶ目立たなくはなりますが、薄い線として残ります。(個人差あり)
まぶたの状態によっては、手術の適応にならない方もおられます。

 

埋没法100の質問

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

 

-症例写真, 目の手術, 眉下切開
-, ,

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック