症例写真 目の下のふくらみ取り 目の手術

脂肪取りが非常に効果的でした

40代女性 目の下のふくらみ取り

行った施術

目の下のふくらみ取り

previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

手術の情報

目の手術歴 なし
皮膚のたるみ 強め
色素沈着 少し
腫れ 少なめ
内出血 無し

コメント

目の下のクマが気になるとのことでご相談に来られました。

眼窩脂肪の突出(ふくらみ)が強く、その下の陥凹(へこみ)もやや強いタイプのクマです。

脂肪取りを単独で行った場合、術後に凹みが目立つ可能性もありましたが、まずは脂肪取りのみを行う方針となりました。

行った施術は 目の下のふくらみ取り です。

術後早い段階では少し腫れの影響でふくらみが残っているように見えますが、腫れが引いてくるに従って徐々にスッキリとしてきましたね。

目の下のたるみは、タイプによって適切な治療が異なります。

  • 脂肪取りが有効な方
  • 注入が有効な方
  • 両方が必要な方
  • それ以外の方

カウンセリングにて、どのような治療法が適しているのかを詳しくお話しています。

施術の説明

目の下のふくらみ取り

目の下のポコッとした膨らみに対しては、皮膚を切らない手術(結膜側を切開する手術)によって改善できることがあります。

続きを見る

価格
目の下のふくらみ取り ¥145000(モニター価格)価格は変動することがあります
リスク・副作用
目の下のふくらみ取り行った場合、皮膚表面に傷がつかないのでメイクは当日から可能です。腫れ、内出血は個人差がありますが、1週間程度は違和感がまだ強いこともあります。内出血が広く出た場合、消失まで2,3週間程度かかります。術後、血の混じった涙が出ることがありますが、通常数日以内になくなります。手術で使用した麻酔液が出てきている影響であり、ご心配はいりません。

目の下のくぼみが強い場合、ふくらみ取りのみを行うとくぼみが強調される恐れがあります。脂肪注入やヒアルロン酸注入などを行う(同時または後日)と改善できるケースが多いです。

脂肪を取りすぎるとくぼみやすくなるため、適量を切除しています。術後、ふくらみが少し残って物足りない、という場合、再手術によって改善ができそうな場合は再手術を行うことができます。

 

新企画

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

スタッフブログ

院長のつぶやき

当院人気施術

埋没法二重手術

目頭切開

アクトレスリフト

-症例写真, 目の下のふくらみ取り, 目の手術
-

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック