埋没法 症例写真 目の手術

たるみの強い皮膚ですが、埋没法で目が開けやすくなりました

投稿日:

50代女性 埋没法

行った施術

グランドスクエア法(埋没法)

左右にスライドしてみよう

手術の情報

目の手術歴 なし
アイプチ使用 なし
まぶたの特徴 まぶたのたるみ強め
デザイン 末広型
腫れ 普通
内出血 ほぼ無し

コメント

この症例の方はもともと二重がありますが、加齢によって皮膚のたるみが進み、目が開けにくくなってきたため、少し二重を広げたいとのご相談でした。

加齢による皮膚のたるみに対しては、眉下切開などの切開手術が望ましいところですが、ダウンタイムがあまり取れないとのことであり、今回は埋没法 グランドスクエア法を行いました。

直後から1週間目にかけては、腫れに伴って食い込みが強く、目も少し開けにくい状態でしたが、1か月経って、かなり落ち着いてきました。

目が開けやすくなったと大変ご満足をいただきました。

たるみが強い方の二重手術の場合、最初はたるんだ皮膚のかぶさりが強く、やや不自然に見えやすくなってしまいますが時間が経ってくるとなじんできます。

施術の説明

埋没法二重手術

埋没法は、糸で止めて二重まぶたを作る、いわゆるプチ整形と言われる手術です。当院では圧倒的な人気を誇る施術です。

続きを見る

価格
グランドスクエア法 ¥124,600(モニター価格)

価格は変動することがあります

リスク・副作用
グランドスクエア法(埋没法)の術後は、48時間メイクができません。腫れは少なめですが、個人差もあり、全く腫れないわけでは決してありません。少しのダウンタイムが取れる時期に手術を検討されるのがよいと思います。内出血が出た場合、消失するのに2週間程度かかります。メイクをすればある程度ごまかせるようになります。その他、目がゴロゴロする、違和感がある、などの症状が出る可能性もありますので、気になる際は早めにご連絡ください。

 

-埋没法, 症例写真, 目の手術
-,

Copyright© 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック , 2019 All Rights Reserved.