コラム 若返り

糸のリフトのほんとのところ

相変わらず最近も糸によるリフトアップをどのクリニックもごり押ししてきていますね。

インスタなど見てると、術前⇒術直後でこんなに変化しました!

みたいな・・・

 

うわー、こんなに上がるの!

という感想の裏には

 

実際、どれぐらい効果が持続するの?

 

これが、受けようとしている方が一番気にされる点でしょう

そして、それに対する答えは、実は、非常にグレーなものです

他のクリニックの症例写真を見ても、術後3か月、6カ月、術後1年、とかの写真をのせているところはほとんどありません

すごくリフトアップしました!!!という写真はだいたい手術直後か、せいぜい1週間後です。

なぜでしょう?答えはノーコメントです。(それが答えです)

 

これは当院で少し前に受けられた方の経過写真です

直後

1週間後

1か月後

3カ月後

この方は当院で受けていただいた方の一例です。

よく上がっているのは直後がピーク、でも上がりすぎ?

1週間目ぐらいが一番自然でシャープな輪郭

1か月目になると、1週間目よりは少し戻ってきたか・・・

3カ月目になると、もう少し戻ってきたか・・・でも、手術前は面長な印象でしたが、卵型の輪郭はキープしていますね。

 

糸が体内で溶けるまでは1~1.5年と言われていますが、リフトアップ効果の持続と糸の溶けるまでの時間はまた別問題です。

溶けるまでずっとリフトアップ効果が同じように持続しているわけではありません。

 

では、糸のリフトは意味がないのかと言えば、そうではありません。

いずれ戻るにしても、今の状態からいったんぐっと引き上げたい場合は、やはり糸のリフトは非常に効果的です。

HIFUは、「引き締め」効果はありますが、「しっかりと引き上げる」までの効果はありません。

 

 

僕のカウンセリングでは

院長
糸の持続は3か月ぐらいでちょっと戻ってくる、6か月ぐらいたつとだいぶ戻ってくる。

本数をたくさん入れても、持続力のUPはほんのわずかですので、そんなにたくさんの本数は必要ありません。

戻ってすぐまた糸入れてたらきりがなくなってくるから、次入れるのは1,2年は待ちましょう。

その間はHIFUやヒアルロン酸でしのぎましょう。

てな感じでお話しています。

 

 

あくまでもぼくの意見です。

埋没法100の質問

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

 

-コラム, 若返り

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック