料金

ゼオスキン予約は、LINE予約のみでの受付とさせていただきます

単品販売

通常価格
ハイドレーティングクレンザー ¥5,720
ジェントルクレンザー ¥5,720
エクスフォリエーティングクレンザー ¥5,720
エクスフォリエーティングポリッシュ ¥8,360
バランサートナー ¥6,600
ミラミン ¥13,200
ミラミックス ¥12,760
デイリーPD ¥20,460
RCクリーム ¥14,300
ブライタライブ ¥19,800
シーセラム ¥14,850
ARナイトリペア ¥19,800
Wテクスチャーリペア ¥19,360
スキンブライセラム0.5 ¥12,540
スキンブライセラム0.25 ¥11,000
Gファクターセラム ¥18,480
ファーミングセラム ¥30,800
サンスクリーンプラスプライマー ¥7,920
BSサンスクリーン ¥11,660
PSリファイナー ¥9,020
ハイドラファーム ¥17,600
ボディエマルジョン ¥14,520
トレチノイン(0.1%)(医師処方薬) ¥8,000

現在、メーカーより出荷調整がかかっています。

欠品の場合お取り寄せになる可能性があることをご了承ください

お得なセット価格

単品で買うより10%OFF

通常価格
ベーシックセット ¥29,030
セラピューティック基本セット ¥22,100
セラピューティックしみ肝斑セット ¥33,980
トレチノイン(0.1%)(医師処方薬) ¥8,000

お得なセット価格の内容についてはコチラから

セット価格にはトレチノインの価格は含まれていません。

セットに加えて単品で同時購入すると、単品の分も10%OFF

 

セラピューティックをご検討の方は、別ページ、「トレチノインの使い方」もお読みください

トレチノインの使い方

セラピューティック中に使用するトレチノインは、医師からの処方が必要なお薬です。正しく使用方法を守って使いましょう。

続きを見る

はじめに

最近巷で大流行中のゼオスキンをようやく当院でも取り扱いを始めます。

ゼオスキンをまだ受けたことがない方は、

皮がボロボロにめくれたり赤くなったりするらしいけど大丈夫なん?
でも、肌はきれいになるんスよね?

などといった知識はお持ちの方が多いと思います。

実際に使用を始める場合、いろいろな製剤を組み合わせ、お肌の状態やご本人様の希望によって使う製剤を細かくカスタマイズしながら使用していただくことになります。

そんなんめんどくさいやん?
院長
そう、めんどくさい!

それを、初心者の可能な方にも可能な限りわかりやすく、これから説明していきたいと思います。

美しく健やかな肌を手に入れるために、一緒に頑張りましょう!!

各製品情報にすぐに飛びたい方はコチラの製品情報から

ゼオスキンの特徴

ゼオスキンには、いくつかの特徴があります。

メリット

高い効果が期待される

他のメーカーの化粧品と違い、ゼオスキンには、ハイドロキノン、レチノールといった美白、美肌に有効な成分がしっかりと入っている製品も多く(セラピューティックプログラムではトレチノインという薬剤も併用して使う)、今までにの化粧品では体験したことのなかったような効果が期待できる(製品によっても差はあり)(個人差アリ)

レーザーでは反応が弱かったシミや肝斑に対しての効果も期待できます。レーザーでの効果にあまり満足できなかった方、もっと効果のあるものをやってみたい方はぜひ検討してみましょう。

カスタマイズ可能

できるだけ早くしっかりと変化させたい方にはセラピューティックをしっかりと行う、ゆっくりでもよいから肌をよい状態に持っていきたい方にはベーシックセットエイジングケア日焼けケアなどのお悩みに合わせて使用する、など、ご希望、お悩み、ライフスタイル、ご予算などに応じて、たくさんの製品の中からお一人お一人に最適な使用方法をご提案していきます。

ご自身のお肌、生活環境を見つめなおすきっかけになる

使用を始めると、お肌の状態が変化していきます。もちろんクリニックでの経過観察は行いますが、毎日の肌状態のチェックはご自身で行っていただく必要があります。

そして、使い続けて変化が実感できてくると

次はもうちょっと攻めてみようかしら?
夏になって紫外線がきつくなってきたから、おとなしめの製品にかえようかしら?

的な感じで、毎日のスキンケアが楽しくなります。

そうなると、使わないといけないから使う化粧品ではなく、使いたくなる、使ってて楽しくなる化粧品になってくれるでしょう。

また、美しく健やかな肌を作るためには、スキンケアだけではなく、さまざまな生活習慣にも目を向ける必要があります。

ご自身のお肌、そしてスキンケア習慣、生活習慣に目を向ける良いきっかけになると思います。

 

デメリット

ダウンタイム

使用する製品やもともとの肌状態によっても変わりますが、赤み、皮むけ等の副反応が出ることが多いです。(個人差アリ)

特に、セラピューティックプログラムを行っている場合は、肌が真っ赤になり、皮がボロボロ剥がれ落ち、場合によっては口角が切れて血が出ることもあります。これが数カ月続きます。

激しいダウンタイムに、心折れてしまわないよう、いろいろサポートさせていただきます。

肌に合わない可能性

効果の高い成分を配合しているため、一般の化粧品ではないような反応が起こります。

人によってはお肌に合わず、途中で離脱してしまう可能性があるかもしれません。

ハイドロキノンアレルギーの方は、ハイドロキノン配合の製品を使い続けることができなくなります。

できるだけ継続していただけるよう、使用方法などについてのアドバイスをさせていただきます。

細かい管理が必要

特にセラピューティック中は、ご自身で使用量を細かく調節していただくものがあります。

めんどくさいからこれぐらいでいいや
酔っぱらってて使い方間違えてしもた。ま、えっか

などという使い方をしていると、効果が発揮できなかったり、思わぬ効果が出すぎたりするリスクがあります。

値段が(ちょい)高い

効果を最大限に発揮できるように、基本的にはラインで使っていただくことをお勧めしています。

となると、初回購入額はある程度の金額になります。

ボトルが大きいので比較的どれも長持ちはしやすいものではありますが・・・

使用にあたって注意が必要な方

このような方は使用できません

  • 肌荒れ、乾燥が非常に強い方
  • 商品によっては、ハイドロキノンアレルギーナッツアレルギーの方は使用できません
  • 妊娠妊活中の方は全てのゼオスキン商品を使用できません
  • 授乳中の方は、トレチノイン高濃度レチノール製品は使用できません

 

ゼオスキンを理解するための3つのキーワード

ゼオスキンにはたくさんの製品があって、いろいろな成分がいろいろな濃度で配合されています。

全部を理解することは難しいかもしれませんが、最低この3つについては(ちょっとは)理解しておくようにしましょう。

ビタミンA

働き

ゼオスキンの主要成分であるビタミンAには次のような働きがあります。

① 光老化からお肌を保護する

紫外線からのダメージを保護し、コラーゲンの損傷を抑えます。

② 線維芽細胞を活性化

コラーゲン、ヒアルロン酸の生成が促進され、ハリ、保湿力の向上、しわの軽減をもたらします。

③ ターンオーバーの正常化

古くなった角質を排出し、皮膚の色調を整えます。

④ 表皮細胞の成長を促進

表皮の厚みが増し、ふっくらと健康な肌へ導きます。

⑤ 皮脂分泌の抑制

皮脂分泌が減少し、ニキビの改善効果もあります。

 

これらの作用を存分に生かすのが、ゼオスキンの大きな特徴です。

A反応(レチノイド反応)

ビタミンAは、肌の新陳代謝には欠かせない栄養素です。若いころは肌に豊富に含まれていますが、紫外線を浴びるたびにビタミンAは少しずつ破壊されていきます。

そうやってビタミンAが不足してしまったお肌に急激にビタミンAを補充すると、お肌の代謝が一気に高まります。

その結果、A反応(レチノイド反応)と呼ばれる症状が起こります。

よくあるA反応

  • 赤み
  • かゆみ
  • にきび
  • 皮むけ
  • 乾燥

これらの反応は、補充されたビタミンAに対する体の正常な反応なので、A反応が起こること自体には問題はありません。

 

ビタミンAの種類や濃度によって、A反応の程度には大きく違ってきます。

また、もともとの肌状態等により個人差も出やすいです。

いきなり強い反応が怖い場合は、徐々に濃度を上げていく方法もあります。

ビタミンAの種類

ビタミンAには、大きく分けると、トレチノインレチノールの2種類があります。

トレチノイン

角質を剥がし、表皮細胞の分裂を促進して皮膚の再生を促します。

使用当初は、赤み、皮むけ、ヒリヒリ感、かゆみなどの強いA反応が起きます。

医師の診察が必要な製剤です

皮膚炎になってしまった場合は、すみやかに使用を中止し、クリニックを受診するようにしてください。

 

レチノール

レチノールは、毛穴を引き締め、ニキビと小ジワの減少、細胞のターンオーバーを促進、シミやたるみの改善など様々な効果をもたらす整肌成分です。

レチノールの中にも、刺激の強いものや弱いものがあり、使い分けが必要になります。

また、ハイドロキノンとは違い、長期間使用しても問題はありません。

刺激の弱いものからはじめたり、使用頻度・使用量を調整するなどして、長期間継続して使用するのが望ましいでしょう。

 

なお、トレチノイン、高濃度レチノール製品に関しては、授乳中の方への処方は行っておりません。(胎児へ影響を及ぼす恐れがあるため)

 

別ページ、「トレチノインの使い方」もお読みください

トレチノインの使い方

セラピューティック中に使用するトレチノインは、医師からの処方が必要なお薬です。正しく使用方法を守って使いましょう。

続きを見る

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、強力な美白作用を持つ成分です。

一般的におよそ4~6週間で、色素沈着の改善兆候が出現します。

効果

大きくわけると、二つの美白効果があります。

新しくシミができるのを予防する

メラニン色素が生成されるのを抑制する作用があります。

既にできているシミを薄くする

既にできてしまっているメラニン色素を淡色化する還元作用があります

 

また、ハイドロキノンが有効なしみと、そうではないしみがあります。

有効なしみ

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑
  • そばかす

効果がないしみ

  • ほくろ
  • あざ
  • ADM

副作用

ハイドロキノンは効果が非常に高いですが、副作用も出現しやすく、使用時には注意が必要です。

強い皮膚症状、アレルギー

人によっては強い赤みが出て、顔全体に湿疹のような小さいプツプツができ、かゆみや痛みを伴うこともあります

重度の場合、顔が腫れることもあります。

また、部位によっても反応が違い、眼周囲や頚部に強く出やすい傾向にあります。

長期使用による白斑、耐性

高濃度のハイドロキノン使用で白斑が確認されています。

長期使用すると、耐性・光過敏症などのリスクが発現します。

連続して使用するのは最大5か月で、その後4~5ヶ月は休止しましょう。

使用期限

ハイドロキノンは非常に酸化しやすい物質です。

開封後に長期間放置すると劣化してしまいます。

ハイドロキノン配合のミラミンミラミックスも開封後時間が経過とともに白からグレーへと変色してきます。

開封後は速やかに使用し、期限が過ぎたものは使用しないようにしましょう。

 

セラピューティック

セラピューティックとは

セラピューティックは、強力なビタミンAトレチノイン、強力な美白作用を持つハイドロキノン、その他、グリコール酸など、肌への刺激の強い有効成分をがっつりと盛り込んだ、ゼオスキンの代名詞ともいえる治療プログラムです。

12~18週間をかけて、反応期、耐久期、完成期の3つのプロセスを経て、美しく健やかな肌へ導きます。

トータルで4,5カ月かかります。長いダウンタイムが取れる場合に行いましょう。

① 反応期(4~6週間)

お肌のターンオーバーを促進し、古い角質が剥脱します。

ダメージを受けた肌の表層(角質)が剥がれ落ち、ハイドロキノンの効果で、シミ・くすみの改善が見られます。

また、赤みやかゆみなどの反応が強く出る時期です。

あまりの反応の強さに、

私の肌には合わないのかしら?

と不安になってしまいやすい時期ですが、肌の代謝が急激に上がって、肌が生まれ変わろうとする反応が出る時期ですので、頑張りましょう。(でもあまり無理はしないで)

代表的な反応

  • 乾燥
  • 赤み
  • かゆみ
  • 古い角質の剥離、皮むけ
  • ヒリヒリ感
  • にきびが増える
  • 小じわがびっくりするぐらい増える
  • 口角が切れて血が出る

程度の差はありますが、これらの反応はほぼ確実に起こると思っておきましょう。

② 耐久期(4~6週間)

このプロセスまでにお肌に耐性、抵抗力が生まれ、赤みや皮むけなどの反応が落ち着いてきます。

この時期には、肌にハリが見られ、シワや毛穴などは目立たなくなることが期待されます。

③ 健やかな肌(4~6週間)

最終段階に入り、肌のトラブルは改善し、透明感・キメ・潤い・ハリ・ツヤのある美しく健やかな肌になることが期待されます。

セラピューティックの使用アイテムと使い方(メーカーHPより)

 

セラピューティックをご検討の方は、別ページ、「トレチノインの使い方」もお読みください

トレチノインの使い方

セラピューティック中に使用するトレチノインは、医師からの処方が必要なお薬です。正しく使用方法を守って使いましょう。

続きを見る

セラピューティック中の注意点

授乳中の方は受けられません。

日焼けは 厳禁 です!

赤み、かゆみ、湿疹等があまりに強いようであれば、無理せずに早めに医師の診察を受けましょう。

アレルギー症状が出ている場合は、当該製品は中止することになります。

セラピューティック期間が終了するころに、ハイドロキノン製剤(ミラミン、ミラミックス)、トレチノインは急にやめるのではなく、徐々に量を減らしていきましょう(これをテーパリングと言います)。

(2日に1回 ⇒ 3日に1回 などと減らしていき、目安として2週間~1か月ぐらいかけて残りを使い切るのが望ましいです)

当院のゼオスキンセット内容

ゼオスキンは単品で使用することも可能ですが、効果を出すために、組み合わせて使用することを強くお勧めしています。

ゼオスキンのホームページを見ると、いくつかのプログラムについての説明があります。

  • セラピューティックやその他アイテムの効果を最大限に発揮させるお肌の基礎作り【GSR】
  • ゼオスキンの基本の5製品を使う【ファンダメンタルファイブ】
  • ゼオスキンヘルスの代名詞ともいえる健やかな肌へ導く【セラピューティック】
  • 個々のお悩みに合わせたアイテムを選んで作る【症状別プログラム】

これはこれでよいのですが、当院ではもう少し簡略化したセットをご提案しています。

これだと横文字が多くて・・・

ベーシックセット

お手軽にゼオスキンを始めてみたいという方に、まずはこれから使ってみてね、という組み合わせです。

洗顔 化粧水 美容液

とりあえずこの3つをゼオスキンアイテムにかえるだけでも、効果は十分に実感できるでしょう。

洗顔(洗浄)

ゼオスキンヘルスには3種類のクレンザー(洗顔料)が存在します。

この3つはどれもクレンジングも兼ねており、簡単なメイクならこの1本で綺麗に洗浄することが出来ます。

ジェントルクレンザー

さっぱりとした洗いあがりを残しながら、肌の水分はしっかりとキープするクレンジング。

お肌タイプを選ばない、オールスキンタイプのクレンザーです。

エクスフォリエーティングクレンザー

ビタミンE、サリチル酸が配合され、過剰な皮脂や古い角質を取り除き、クリアな肌へ導きます。

主に、脂性肌の方におすすめのクレンザーです。

ハイドレーティングクレンザー

パンテノール、ヒアルロン酸が配合された、主に乾燥肌の方におすすめのクレンザーです。

 

化粧水(肌のph調整、皮脂コントロール)

バランサートナー

肌のphバランスを整え、この後に塗る美容クリームや治療を効果的に角質層まで浸透させるための化粧水です。

グリコール酸でお肌を柔らかくして、ハマメリスエキスやパンテノールなどでお肌の炎症を抑えます。

ヒアルロン酸配合で使い心地はさっぱりとしていますが、お肌はしっとり潤います。

 

美容液(ビタミンA配合)

デイリーPD

レチノールパルミチン酸レチノールが配合された、光老化ケアに効果的な美容液です。

また、カプセル化したビタミンEが酸化反応を抑制し、肌を保護して肌のトラブルを未然に防ぎます。

 

これらの内容にプラスして、日焼け止めは必ず使用しましょう。

ゼオスキン日焼け止めの内容はコチラから

セラピューティック基本セット

セラピューティックを行うにあたって必要最低限なものをセットにしています。

これにプラスして、日焼け止めは必ず使いましょう。冬でも!手持ちのものでも構いません。

ゼオスキン日焼け止めの内容はコチラから

 

洗顔(洗浄)

ジェントルクレンザー

エクスフォリエーティングクレンザー

ハイドレーティングクレンザー

ゼオスキンヘルスには3種類のクレンザー(洗顔料)が存在します。

この3つはどれもクレンジングも兼ねており、簡単なメイクならこの1本で綺麗に洗浄することが出来ます。

 

化粧水(肌のph調整、皮脂コントロール)

バランサートナー

肌のphバランスを整え、この後に塗る美容クリームや治療を効果的に角質層まで浸透させるための化粧水です。

グリコール酸でお肌を柔らかくして、ハマメリスエキスやパンテノールなどでお肌の炎症を抑えます。

ヒアルロン酸配合で使い心地はさっぱりとしていますが、お肌はしっとり潤います。

 

美白(ハイドロキノン配合)

ミラミックス

4%ハイドロキノン配合。シミやくすみを抑え、お肌の色調を整えます。

グリコール酸アスコルビン酸も、お肌のくすみを取り除く作用があります。

ビタミンEがお肌の酸化ダメージから守ります。

トレチノインと併用することにより、効果的に浸透し、明るくムラのない整った肌へと導きます。

一日1回夜だけ使用します。

ミラミンと入れ物が似ているので間違えないようにしましょう

 

医師処方薬(ビタミンA)

トレチノイン(0.1%)

必ずミラミックスと混ぜて使いましょう

ミラミックスとの配合比率によって、反応が嘘のように変わってきますので、適当に混ぜないようにしましょう

 

別ページ、「トレチノインの使い方」もお読みください

トレチノインの使い方

セラピューティック中に使用するトレチノインは、医師からの処方が必要なお薬です。正しく使用方法を守って使いましょう。

続きを見る

セラピューティックしみ肝斑治療セット

上記の基本セットに、ミラミンを追加したセットです。

美白(ハイドロキノン配合)

ミラミン

4%ハイドロキノン配合。シミやくすみを抑え、お肌の色調を整えます。

グリコール酸アスコルビン酸も、お肌のくすみを取り除く作用があります。

ビタミンEがお肌の酸化ダメージから守ります。

 

医師処方薬(ビタミンA)

トレチノイン(0.1%)

必ずミラミックスと混ぜて使いましょう

ミラミックスとの配合比率によって、反応が嘘のように変わってきますので、適当に混ぜないようにしましょう

 

別ページ、「トレチノインの使い方」もお読みください

トレチノインの使い方

セラピューティック中に使用するトレチノインは、医師からの処方が必要なお薬です。正しく使用方法を守って使いましょう。

続きを見る

それ以外のゼオスキン製品

日焼け止め

どのセットにも日焼け止めはついていませんが、必ず日焼け止めは使用してください。冬でも

特にセラピューティック中は紫外線ダメージを非常に受けやすい状態になりますので、日焼けは厳禁です。

今お使いの製品でも大丈夫なのですが、ゼオスキンの日焼け止めは以下のような製品があります。

日焼け止め

BSサンスクリーン

天然ミネラルのサンスクリーンで複合的に広範囲のUVA/UVBから肌を保護します。

また、可視光線の中で最もエネルギーが高く、早期老化や、くすみの進行を早めるとされるHEV(ブルーライト)からも肌を保護します。

(SPF50 PA++++ クリームの色 白)

ゼオスキン独自成分 ZOX¹² 配合

 

サンスクリーンプラスプライマー

顔用日焼け止めと化粧用下地がひとつで2役のサンスクリーン。

「天然メラニン」、「二酸化チタン」、「酸化亜鉛」を配合し、広範囲のUVA/UVB/HEVから保護します。

ベースは滑らかで、メークアップ化粧品の下地としてもご使用いただけます。

(SPF30 PA+++ クリームの色 ベージュ)

ゼオスキン独自成分 ZOX¹² 配合

 

レチノール製品

ゼオスキンには、さまざまなレチノール製品があります。効果やお肌への刺激も製品によって違います。

  1. セラピューティック後の状態を維持したい
  2. セラピューティックまではやる気はないが、少しでも効果を出したい
  3. できるだけマイルドにレチノールによるエイジングケアを使用していきたい

などのご希望に応じて、最適な製品をご提案をいたします。

エイジングケア(高濃度レチノール)

効果をしっかりと求めたい方におすすめのレチノール配合製品です。

夜のみ週1~2回の使用で効果が出ますので使用方法を守りましょう。

使用後数日は皮むけ、赤みなどのA反応が比較的強く出ます。ご予定などを見ながらご自身で使用スケジュールを管理していきましょう。

高濃度レチノール製品に関しては、授乳中の方は使用できません。(胎児へ影響を及ぼす恐れがあるため)

オレオソーム化製品ナッツアレルギーの方は使用できません。

スキンブライセラム0.25

レチノールビタミンC配合で、明るい均一なスキントーンへ整え、紫外線などの外的ストレスから肌を守ります。進化したバイオテクノロジー、オレオソームがレチノールを効果的に安定して届けます。

スキンブライセラム0.5

レチノールビタミンC配合で、明るい均一なスキントーンへ整え、紫外線などの外的ストレスから肌を守ります。進化したバイオテクノロジー、オレオソームがレチノールを効果的に安定して届けます。

Wテクスチャーリペア

お肌のテクスチャーと色調を整えるレチノールマイクロエマルジョン化)配合の美容クリーム。手触りをなめからにし、お肌にハリと弾力を与え、バリア機能をサポートします。

ゼオスキン独自成分 ZCOREZPRO® 配合

ARナイトリペア

レチノールビタミンC配合で、肌のハリと代謝、くすみにアプローチし、ストレスに負けない肌へ導きます。進化したバイオテクノロジーオレオソームがレチノールを効果的に安定して届けます。

ゼオスキン独自成分 ZO-RRS² 配合

 

オレオソームとマイクロエマルジョン

オレオソーム化製品

成分が長時間肌にとどまりやすい工夫がされています。

主に表皮に作用しやすく、しみ色むらなどに効果的です。

ナッツアレルギーの方は使用できません

配合製品

スキンブライセラム0.25

スキンブライセラム0.5

ARナイトリペア

マイクロエマルジョン化製品

レチノールを微細な粒子にして皮膚に素早く放出

主に真皮層に作用しやすく、小じわハリの改善に効果的です。

配合製品

Wテクスチャーリペア

光老化ケア(レチノール)

パルミチン酸レチノールという、活性の弱いビタミンAを配合することにより肌への刺激が少なくなっている製品で、毎日使用していただけます。

毎日のスキンケアの基本となるアイテムです。

デイリーPD

レチノールパルミチン酸レチノールが配合された、光老化ケアに効果的な美容液です。

また、カプセル化したビタミンEが酸化反応を抑制し、肌を保護して肌のトラブルを未然に防ぎます。

 

RCクリーム

レチノールパルミチン酸レチノール、セラミドによりバリア機能をサポートし潤いを高め、なめらかな肌へ導く美容クリーム。

発赤と炎症から肌を保護する作用があり、また、バリア機能を強化して乾燥から肌を守ります。

また、高濃度レチノールの刺激が気になる方は、RCクリームを併用して混ぜて使うことで、刺激を緩和することが可能です。

 

レチノールなしの製品

レチノールの刺激が気になる方、皮むけをしたくない方、現在使用中のスキンケア製品にプラスして使いたい方におすすめの製品です。

エイジングケア

ファーミングセラム

肌に弾力を持たせてすっきりと引き締め、なめらかなハリのある若々しい肌印象へ導きます。

口元やフェイスラインのたるみが気になる方におすすめです。

ゼオスキン独自成分 ZCOREZO-RRS² 配合

 

Gファクターセラム

年齢とともに気になる肌の乱れをケアし、肌本来の美しさを取り戻して健やかな肌へと導きます。

敏感肌も含め、さまざまな肌タイプでご使用いただけます。

コラーゲンを製性する力をサポートし、高い肌密度を目指します。肌にハリや柔らかさ。潤いを導きます。

ゼオスキン独自成分 ZPRO® 配合

 

ハイドロキノンなしの美白製品

ハイドロキノン休薬中の方、ハイドロキノンアレルギーの方にも使用していただける美白効果のある製品です。

ブライタライブ

ジグルコシル没食子酸、カンゾウ根エキス、ダイズエキスを配合し、メラニンの生成を抑えて色調を整えます。

タンパク質分解酵素、パパインを配合し、角質層に働きかけ、生まれ変わる肌をサポート。

ゼオスキン独自成分 ZOX¹² 配合

ナッツアレルギーの方は使用できません

 

シーセラム

ビタミンC10%をパウダー状で配合し、メラニンの生成を抑えます。コエンザイムQ10、ビタミンEが酸化からお肌を守ります。

ビタミンCによるヒリヒリ感、軽度の赤みが現れますが、次第に消失していきます。

 

その他の製品

スクラブ洗顔

エクスフォリエーティングポリッシュ

さまざまな肌質の古くなった角質など不純物を取り除く超微粒子マグネシウムスクラブ。

超微粒子マグネシウム・クリスタルが皮脂、汚れや角質をスムーズかつ均一に取り除きます。

 

皮脂ケア

PSリファイナー

ハリのある若々しい肌へ、ベタつきやテカリのない肌へ、凹凸のない滑らかな肌へ

ゼオスキン独自成分 ZO-RRS² ZOX¹² 配合

 

アイケア

ハイドラファーム

目の周りのエイジングケアクリーム。年齢の出やすい目元にアプローチし、明るくハリのあるスッキリした目元へ導きます。

レチノール配合。

ゼオスキン独自成分 ZPRO® 配合

 

ボディケア

ボディエマルジョン

お肌を健やかに保ち、滑らかにするボディ用クリーム。ボディのハリや黒ずみをケアし、潤いのある滑らかで透明感のある肌へ導きます。

レチノール配合。

ゼオスキン独自成分 ZOX¹² 配合

 

ゼオスキンオリジナル成分について

ゼオスキンには、美肌へと導くオリジナルの整肌(せいき)成分が使用されている製品があります。

ZCORE™

働き

皮膚のたるみに重要な影響を与える、真皮表皮接合部のゆがみを防ぐ効果があります。

また、真皮から表皮への栄養の流れを促進し、皮膚の代謝を正常化する作用があります。

主な成分

バイオミティックテトラペプピド(カプロオイルテトラペプチド-3)

スイートイエロークローバー(メリロートエキス)

使用製品
  • ファーミングセラム
  • Wテクスチャーリペア

ZOX¹²™

働き

早期老化のもとになる有害な近赤外線からお肌を守ります。

成分をカプセル化することで肌への浸透率を高め、目的の場所へ効果をより長く持続させます。

主な成分

ビタミンA/C/E

近赤外線とは
太陽光は大きく紫外線・可視光線・赤外線の3つに分かれており、割合は紫外線が約1割、近赤外線が3割以上です。
今まで肌の老化原因と言えば”紫外線”でしたが、近年では近赤外線は紫外線以上に老化に影響を及ぼすと分かってきました。

紫外線A波・B波は表皮や真皮までの到達ですが、近赤外線は筋肉まで到達します。
筋肉まで到達した近赤外線は筋組織を破壊しシワやたるみの原因となる言われています。

また、近赤外線は太陽光だけではなく携帯電話、パソコンのモニター、テレビやこたつなど日常生活における身近な家電製品からも発生します。屋内でも注意が必要です。

使用製品
  • ブライタライブ
  • PSリファイナー
  • ボディエマルジョン
  • サンスクリーン プラスプライマー SPF30
  • BSサンスクリーンSPF50

ZO-RRS²

働き

フリーラジカルからお肌を守り、将来の肌ダメージを和らげます。

主な成分

ニガハッカ

ヨーロッパ・北アフリカ・南西および中央アジア原産のミント科の開花植物。南イタリアではハーブとして用いられています。

エーデルワイス

キク科の多年草。ヨーロッパの高原や亜高山に生える高山植物。抽出したエキスには、タンニン、フラボノイドが含まれています。お肌の引き締めや、抗酸化作用が期待されます。

使用製品
  • ファーミングセラム
  • ARナイトリペア
  • PSリファイナー

ZPRO®

働き

大気汚染などのフリーラジカルからお肌を守ります。

コラーゲンとヒアルロン酸の生成を促し、細胞の損傷及びコラーゲンの分解を防ぎます。

主な成分

フサフジウツギ

バタフライブッシュ(蝶の木)とも呼ばれる植物で、非常に成長が早いのが特徴です。光や酸化ストレス、紫外線によるダメージから、皮膚を守ります。

加水分解セリシン

セリシンは独特なアミノ酸組成を持っており、カイコによって作られる繭殻(繭層)に含まれています。紫外線吸収・保湿・抗酸化作用などの効果が期待できます。

使用製品
  • Wテクスチャーリペア
  • Gファクターセラム
  • ハイドラファーム

 

診療の流れ

ご予約方法

LINE予約のみでのご案内とさせていただきます。

流れ

当院でのゼオスキンが初めての方にはゼオスキン問診票の記入をお願いしています。

セラピューティックをご希望の方

LINEよりゼオスキンのご予約

来院

ゼオスキンの問診表の記入

洗顔

医師の診察

スタッフにてお写真の撮影

使い方についての説明などを行います

商品お渡し

所要時間は約60分です。

洗顔料化粧水の貸し出しは行っています。それ以外は貸し出しを行っておりません。

洗顔後の乾燥が気になる方は、美容液、クリーム等をご持参ください。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

セラピューティック以外をご希望の方

LINEよりゼオスキンのご予約

来院

ゼオスキンの問診表の記入

スタッフから使い方についての説明などを行います

商品お渡し

所要時間は約30~60分です。

 

よくある質問

 ハイドロキノンでアレルギーがでたことがあるのですが、セラピューティックはできますか?

 やめましょう

 皮むけが激しいので保湿をしてもよいですか?

 「保湿に頼らずに肌をよい状態へと導く」というのがゼオスキンのコンセプトです。

「保湿すると効果が落ちる」という意見もあるようです・・・

我々としても、「皮むけがしんどくても頑張ろうね!」と励ますわけですが、乾燥がしんどすぎて続けられなくなる方がよっぽど効果が落ちます、よね?

今は戸○ヨットスクールの時代ではありません

乾燥がどうしても辛い場合はRCクリームで少し保湿を行いましょう。

 セラピューティック中に、乾燥で口角が切れました。ワセリン等で保護してもよいですか?

 保護しましょう!

 ハイドロキノンのアレルギーが出た場合、どのような症状が出ますか?

 顔全体に白いぷつぷつができる(湿疹)、顔の広い範囲が、少し膨れたように腫れる、かゆみが強いなどの症状があれば、アレルギーの可能性があります。ただ、セラピューティックに伴う一般的な反応と見分けがつかないことも多いです。

そのような場合は、いったんハイドロキノン製剤を中止し、反応が治まるのを待ちましょう。

治まった後、腕の内側に少量塗布して、同じような反応が出ないか観察してください。

 ハイドロキノン配合の製品(ミラミン、ミラミックス)が5カ月経ってもまだボトルに残量が結構残っています。このまま使い続けてもよいですか?

 ハイドロキノンは長期使用することで耐性がついてしまいます。5カ月以上は使わず、ノンハイドロキノン製剤に切り替えましょう。もったいないですが。

 顔以外の部分にもセラピューティックを行ってもよいですか?

 首や腕、ボディなどへの使用でトラブル例が報告されています。顔のみに行いましょう。

 ゼオスキンを始めるのはどの季節がよいですか?

 季節を問わず、いつでも始めていただいて大丈夫です。ただ、紫外線対策をしっかりと行っていただく必要があるため、特にセラピューティックのような刺激の強い治療は秋ごろから始めるのが良いかもしれません。

 ミラミンは1年中使っても問題ありませんか?

 ハイドロキノン(ミラミン、ミラミックスに配合)は、長期間使用で耐性や光過敏の問題があります。連続使用は最大5カ月にとどめ、それ以降はハイドロキノンを含まない美白剤(ブライタライブ、シーセラムなど)に切り替えて、シミの再発を防ぎましょう。

 

 オンライン診療は行っていますか?

 当院では行っておりません

 ネット販売はできますか??

 ネット販売はやってはいけません

 授乳中ですがゼオスキンを使用できますか?

 トレチノイン、高濃度レチノールは授乳中の方は使用できません。

 妊娠中(妊活中)ですがゼオスキンを使用できますか?

 妊娠中(妊活中)の方へは、ゼオスキンの使用をお勧めしていません。

 他院でゼオスキンを使用しています。相談していいですか?

 ゼオスキンにはたくさんのアイテムと使用方法がございます。

使用方法に関しては、それぞれの医師により考え方が違いますので、まずは処方されたクリニックの医師にご相談ください。

 

 ゼオスキン中にレーザーなどの治療は受けられますか?

 トレチノイン、ミラミン、ミラミックス、高濃度レチノール製品を使用中の方は、目安として最低5日ほど前から使用を中止しましょう。中止していても赤みがまだ強く残っている場合は照射できないこともあります。照射後は、翌日以降に赤みがひいていれば再開可能です。

それ以外の製品を使用中の場合は、お肌に問題がなければ治療可能です。

セラピューティック中のレーザー治療は、中止期間を守っていただいたとしてもやはりリスクが高くなりますので、無理せずセラピューティックに専念することをおすすめします。

 ゼオスキン中にボトックス、ヒアルロン酸などの治療は受けられますか?

 可能です。ただ、セラピューティック中は、乾燥によってしわが濃く深くなります。ボトックスやヒアルロン酸を注入する範囲がわかりにくくなることもありますので、やはりトレチノイン、高濃度レチノール使用中の方は5日ぐらい中止してからが望ましいです。

 セラピューティック中にイオン導入をしてもいいですか?

 イオン導入は問題ございません。ただし、反応が強い時はしみることがございます。

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック