セラピューティックを行う場合、トレチノインという医師からの処方薬を使用します。

使用の方法を間違えると、思わぬ副作用が出たり、逆に効果が出にくかったりしますので、しっかりと理解してから使いましょう。

使う製剤

当院で処方するトレチノイン製剤は0.1%のものです。

他製品では濃度が違うものもありますので、間違えないようにしましょう。

使う時間

他の製品と違って、使うのは夜だけです。

必ずミラミックスと混ぜて使います。

ミラミックス

 

ボトルが非常に似ていて紛らわしいのが・・

ミラミン

 

よく見ると、ミラミックスはBLENDING CREME、ミラミンはCREMEと書いていますね。

ミラミックス

ミラミン

使い方

当院では原則、ミラミックス1:トレチノイン1/4からスタートします。

(以前にセラピューティックをやったことがあるという方はもう少し多い量からスタートすることもできます)

 

開始1週間後にお肌の状態、反応の程度を診察させていただきます。

医師から混ぜる比率の指示を出します。

院長
1/4のままでいきましょう

とか

院長
1/2までは上げても大丈夫そうね

とかいう感じで。

 

反応が強く出すぎている場合は、さらにトレチノインを少なくするか、1日おきにするなどしてみましょう

 

指示した以上の比率では混ぜないようにしてください

1/2に増やしたけど、皮むけが結構強くて辛いわ、という場合は1/4に減らしても構いません。

手のひらに乗せる量の目安

白いのがミラミックス、黄色いのがトレチノインです

1:1/4

1:1/2

1:1

手のひらに必要量を出した後に、手をすり合わせて混ぜましょう。

お顔を優しく包み込むようなイメージで置いてくるように塗りましょう。

はじめはTゾーンやほほから塗っていくようにします。

口まわりや目の近くは反応が強く出やすい部位なので、避ける、または少なめのほうがよいです。

指4本で伸ばしながら塗ると、細かく塗り分けしやすいです。

 

反応が強く出すぎると、化粧水がしみたり、色素沈着の原因になったりもしますので、量を調節しましょう

中断のしかた

大事なご予定がある、という場合、一時的に赤みや皮むけをおさえることができます。

目安として、ご予定の5日前ぐらいからミラミックスとトレチノインを中止します。

ご予定が終われば、再開しましょう。

減らし方

目安として12週目(3か月)ぐらいまでを目標に頑張りましょう

その後、ミラミックス、トレチノイン(ミラミンを使っている人はミラミンも)を徐々に減らしていきます。

徐々に減らすことをテーパリングといいます。

 

使う頻度を、2日に1回 → 3日に1回というような感じで少しずつあけていきましょう。

目安として、テーパリングには2週間~1か月をかけましょう

 

使い方によって、製品の減り方に個人差はありますが、セラピューティックが終了するまでにトレチノイン、ミラミックス、それぞれ2本ずつをだいたい使い切るぐらいになると思います。

製品の減り具合も見て、テーパリングのタイミングやテーパリング中の頻度も調節しましょう。

 

テーパリングを始める段階で製品がもうほとんど残っていないと、じゅうぶんなテーパリングができません。

逆に、たくさん残っている製品が余るのがもったいないからといってなかなかテーパリングに入らないのもよくありません。最大4か月ではテーパリングに入りましょう。

注意事項

妊娠中、授乳中の方は使用できません。

妊活中の方もやめておきましょう。

顔以外(首や体)には使用してはいけません。

新企画

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

© 2021 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック