トラネックスピール

このような方におススメ

  • しみ、肝斑、くすみが気になる
  • ニキビ、ニキビあとが気になる
  • 小じわ、肌のハリ低下が気になる
  • 1週間程度のダウンタイムが取れる

料金

トラネックスピール
全顔 ¥20,000

 

施術の説明

トラネックスピールとは

トラネックスピールは、トラネキサム酸とレチノールを組み合わせた新しいピーリング製剤です。

肌のトーンを明るくしたり、メラニンの生成抑制や色素沈着の排出を促す効果があります。

二つの異なるピーリング剤を組み合わせることによって、肌のターンオーバーを一時的に促進させ、約7日間で肌が生まれ変わります。

 

有効成分

レチノール、プロピオン酸レチノール

表皮のピーリング、ターンオーバー促進、皮脂抑制、コラーゲン産生など

トラネキサム酸

抗炎症、美白

アスコルビルグルコシド

皮脂抑制、美白、コラーゲン産生

酒石酸、クエン酸

ピーリング(角質層)、保湿、弾力UP

ナイアシンアミド

バリア機能改善、美白、抗炎症

バチルス発酵物

角質ケア

 

2ステップピーリング

異なる剥離深達度の組み合わせでバランスよく肌に働きかけます。

STEP1

クエン酸、酒石酸のピーリング作用によって、角質層をターゲットとして穏やかに剥離させます。

それにより、トラネキサム酸、アスコルビルグルコシド、ナイアシンアミドなどの有効成分を効率よく浸透させることができるようになり、メラニン色素排出、メラニン生成抑制、抗炎症、抗酸化作用をもたらします。

 

STEP2

レチノール(持続型)、プロピオン酸レチノール(遅延型)という2種類の作用速度の異なるレチノールを組み合わせて、レチノールの継続的な放出を促進し、しっかりとした皮膚のターンオーバーを促します。

期待できる効果

  • しみ、くすみ、肝斑が目立たなくなる
  • 肌のハリ低下、小じわを改善する
  • 毛穴が目立たなくなる
  • にきび、ニキビ跡の改善

トラネックスピールは1回の施術でも効果が出やすい治療ですが、ダウンタイムが取れる方は、月1回ペースで3~5回続けられるとより効果的です。

 

実際の施術の流れ

クリニックにて

① 洗顔 

メイクを落とし、清潔な状態にしていただきます。

② 消毒 

余分な皮脂を軽くふき取ります。

③ 薬剤塗布 

STEP1の薬剤をお顔全体にまんべんなく塗布し、5分間放置して薬剤を完全に吸収させます。

④ 薬剤塗布 

STEP2のクリーム状の薬剤を均一な厚さになるように塗布します。

⑤ 帰宅 

薬剤を塗ったまま、日焼け止めを塗っていただいて、帰宅します。肌がべたついているので、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

帰宅後

⑥ 洗顔 

クリニックで薬剤を塗布してから約2~6時間後に水で十分に製品を洗い流してください。

⑦ 保湿 

お肌を十分に保湿します。外出時には紫外線対策をしっかりと行ってください。

 

施術を受けるにあたって

施術前の注意事項

もともとのお肌状態によっては、治療を受けていただくことができないこともあります(乾燥、肌荒れが強い、など)。

日焼け後、長時間紫外線を浴びた後、目安として2週間は開けましょう。

施術について

施術時間 約30分
麻酔 なし
施術中の痛み ほとんどなし
通院 不要

施術後の生活について

UVケア、保湿は日常的にしっかりと行ってください。

施術後1週間は刺激の少ないスキンケア用品でこまめに保湿を行ってください。

おすすめの保湿クリーム

WiQo®保湿ナリシングクリーム

WiQo

WiQoは、イタリアのGPO Srl社が販売しているスキンケア製品で、マッサージピール後のケアに適しています。肌がごわつく、ニキビができやすい、乾燥が気になる方に特におすすめです。

続きを見る

 

洗顔 当日から可
メイク 当日から可
シャワー 当日から可
入浴 当日から可
治療間隔の目安 1か月おき

他の施術との間隔についてはスタッフにお尋ねください。

 

メリットとデメリット

メリット

  • にきび、毛穴、くすみなど、お肌の状態を総合的に改善できる
  • 短時間の施術
  • 1回の施術で効果が実感できる

デメリット

  • ダウンタイムが必要(約1週間)
  • 人によっては皮むけや赤みが長引いたりする

 

一般的な経過

トラネックスピールは比較的安全ですが、薬剤の刺激やアレルギー反応による皮膚炎を引き起こすリスクはゼロでありません。

そのような場合、当クリニックで経過を診させていただきますので、施術後、ご不安な点がありましたら遠慮なくご相談ください。

また、塗布後1週間は非常に皮膚が過敏な状態になっていますので、紫外線やその他の刺激に対しては十分な注意を払ってください。

皮むけ・ツッパリ感・赤み・かゆみ

薬剤の刺激により、施術翌日以降、何となく肌のつっぱる感じが出てきます。3,4日目ぐらいをピークに、約1週間、皮むけがお顔全体に起こってきます。人によっては、赤み、かゆみや皮膚のつっぱる感じが気になることもあります。

まずは口まわり、鼻から皮むけが始まり、あごまわりやホホにひろがっていきます。

 

ただ、ゼオスキンのセラピューティックや高濃度レチノールと比べるとかなりマイルドな印象です。

 

このような症状が出ることがあります

アレルギー症状

じんましん、全身のかゆみ、呼吸困難などが出た場合、アレルギー症状の可能性があります。

このような症状が出た場合、早めにご連絡ください。

水膨れができる、顔全体が腫れる

トラネックスピールは、赤み、皮むけ等は確実に起こるものですが、

もともと敏感肌であったり、乾燥や肌荒れが強い場合、顔全体が赤く膨隆するように腫れあがったり、水疱のようなものが多発する可能性があります。

このような症状がみられた場合、診察をさせていただきますので早めにご連絡ください。

 

注意事項

  • 放置時間は2~6時間です。(レチノール未経験の方は初回2~4時間ぐらいにしましょう)
  • 放置時間が長いと皮むけがしっかりと起こり、短いと皮むけの程度も軽くなります。初回は少し短めにして反応を確かめてから、2回目以降に放置時間を調節していくことをお勧めします。
  • 原則施術後はクリームを塗布した状態でお帰り頂きます(見た目はテカテカになってます)
  • マスクの替えや帽子等をご持参されることを推奨いたします
  • 平均的に3~7日間最もレチノイド反応がでます。施術前に外出予定等をご確認しておきましょう
  • 日常的に紫外線対策をしっかり行ってください
  • 皮剥け部分を無理にはがさないでください。炎症と色素沈着の原因となります
  • 施術後1週間程度はこまめに保湿をしてください。肌が落ち着きやすくなります

美白、美肌治療全般に言えることですが、治療前後の日焼けは厳禁です。
日焼け対策をしっかりしていても、紫外線のダメージは皮膚に残っていることが多く、そのような状態で施術を行うと、やけど、色素沈着等のリスクが高くなります。

特に黒くなっていなくても、紫外線対策をしっかりしていても、長く紫外線を浴びてから目安2週間〜1か月ぐらいは間を開けていただくことをお願いしています。

リスクが高いと判断した場合、後日の治療をご案内することがございます。

特に、トラネックスピールは、塗布後1週間は非常に皮膚が過敏な状態になっていますので、紫外線やその他の刺激に対しては十分な注意を払ってください。(しつこく言ってますが)

施術ができない方

  • 顔に傷や損傷及び炎症がある方
  • 治療部位にヘルペス等の疾患がある方
  • これから日焼けをする予定がある方、または強い日焼けをした直後の方
  • 妊娠している方

よくある質問

効果はどれぐらいで出ますか?

トラネックスピールは1回の施術でも比較的効果がわかりやすい施術ですが、1か月に1回ぐらいをめどに3~5回行っていただくことでより効果的になります。(効果には個人差があります)

施術後、肌がガサガサしていますが大丈夫ですか?

約1週間は、皮むけがおこります。人によっては、赤み、ほてりなどが起こることもあります。保湿、紫外線対策をしっかりとして乗り切りましょう。

 

© 2022 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック