記載の料金は2019年10月1日からとなります

このような方におススメ

  • 比較的はっきりした目立つしみがある
  • 一回で済ませたい
  • ダウンタイムが取れる

料金

しみ取りレーザー
5ミリ以下 ¥4,000
6〜10ミリ ¥8,000
11ミリ以上 ¥13,000

1個当たりの料金です
しみ取りレーザーのみで料金¥10,000以上の方は麻酔クリーム無料

施術の説明

しみ取りレーザーとは

YAGレーザーを用いたピンポイントのしみ治療です。

YAGレーザー(532nm)は皮膚の浅い部分のメラニンに選択的に反応するため、ほかの組織へのダメージを最小限にしてしみに効果的に熱ダメージを与えることができます。

比較的色の濃いしみ、形がはっきりしているしみ、大きいしみには効果的です。

施術について

施術時間 約10分(個数による)
麻酔 麻酔クリーム・強力麻酔クリーム(オプション)
施術中の痛み パチンとはじかれるようなお痛み
通院 不要

施術後、最低1週間はテープを貼って保護していただく必要があります。お仕事やご予定の調整をしておかれることをお勧めします。

術後しばらくの間は、赤みが強い状態が続きます。通常1~3か月かけて徐々にめだたなくなってきます。

一般的な経過

赤み

テープを剥がした後も少し赤みがあることが多いです(色素沈着)。1~3か月程度で徐々に薄くなっていきます。こすれたり紫外線に当たったりしないように注意しましょう。

ヒリヒリとした痛み

レーザー照射部位は軽いやけどをしたような状態になります。赤みやヒリヒリとした痛みが出ることがありますが通常は1~2日で改善します。

このような症状が出ることがあります

内出血

しみと血管が近い場合、レーザー照射によって小さい内出血が出ることがあります。

しみが残る

一つのしみでも、レーザーに反応しにくい部分としやすい部分があることが多いです。そのため、部分的に薄くなったけど一部残っている、といったこともあります。気になる場合は初回照射後3か月以上開けてもう一度照射することができます。

注意事項

色の薄いしみ、ぼやっとしているしみは反応が弱いことがあります。

部分的に残ったり、全体的に薄くなったりと、反応は様々です。

施術後、最低1週間はテープで保護していただく必要がありますので、お仕事などのご予定を調整できる時期に行いましょう。紫外線の強い時期を避けて受けられることをオススメしています。

その後も、レーザーの刺激による色素沈着が2,3か月続くことがあります。頬骨あたりのしみは、皮膚が薄いため色素沈着が長く残ることが多く、注意が必要です

再発した場合、もう一度施術を行うことが可能です。

アドバイス

赤みが残っている時期に、日焼けをしたり強くこすれたりすると、赤みが長引く、傷が目立ちやすくなる、などのリスクがありますので、可能であれば小さいテープをできるだけ長い期間貼っておくのが望ましいです。また、日焼けをしないようにじゅうぶん注意しましょう。

よくある質問

Q 照射前より濃くなっているような気がします

A レーザーの刺激による色素沈着が起こっている可能性があります。数か月かけて徐々に薄くなってきます。可能であればテープを続けて貼っていただくと早く改善しやすくなります。

Q しみが残っているような気がします

A 色素沈着によるものか、シミが残っているものかを評価するため、3か月程度は様子を見ていただくことをお勧めします。それ以降も気になるようでしたらもう一度照射することができます(有料)。

Copyright© 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック , 2019 All Rights Reserved.