このような方におススメ

  • まつ毛が短いのが気になる
  • まつ毛が細くてコシがない
  • まつエクを卒業したい

料金

グラッシュビスタ® ¥16500

1箱1本5ml(約70日分、アプリケーター140本付き)

施術の説明

グラッシュビスタ®とは

グラッシュビスタ®は、米国ではFDAの承認により2009年から睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)に使われており、現在世界中の多くの国々で使用されている医療用医薬品です。

日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました。

2015年12月の時点で、グラッシュビスタ®は国内初・唯一の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)として製造販売承認を受けた製品であり、主要成分であるビマトプロストの作用によりまつ毛が不十分であったり、不足している患者さんのまつ毛の長さ太さ濃さを改善することが臨床試験で認められています。

グラッシュビスタの使い方

使用量及び回数は?

片目ごとに、1日に1回1滴を専用のブラシに滴下し、上まつ毛の生え際に夜に塗布します。
頻繁に塗布しても効果が促進されませんので、1日1回を超えて塗布しないでください。
一度使用したブラシは廃棄してください。再使用はしないでください。

どのように使用するの?

下記の手順をご覧ください

使用し忘れた場合は?

片目ごとに、1回に2滴塗布したり、1日に2回塗布したりしてはいけません。

多く使用した時(過量使用時)は?

異常を感じたら、医師または薬剤師に連絡してください。

使用の手順

step
1
ご使用前に

グラッシュビスタ®は、夜、メイク落としと洗顔を済ませて清潔な状態にしてから使用します。
コンタクトレンズは外してください。再装着は、本剤塗布15分以上経過後に行ってください。(コンタクトレンズが変色することがあります)
下まぶたに塗布したり、直接眼に点眼しないでください。

step
2
ブラシの準備

ブラシを容器から取り出します。ブラシの毛先には触らないようにしてください(必ず専用のブラシをお使いください)。
ブラシを水平に持ち、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタ®を1滴落とし、染み込ませます。

step
3
ブラシで塗る

滴下後直ぐに、ブラシを使って、上まつ毛の生え際の部分を、目頭から目尻の方向へ丁寧に塗ります。下まつ毛には塗らないでください。
塗る時には、液が目の中に入らないように、下まぶたにつかないように気をつけてください。
塗布回数を増やしてもまつ毛の成長は促進されないので、1日1回を超えて塗布しないでください。

step
4
拭き取り

生え際以外についた液をふき取る
液が上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットンやティッシュなどですぐに薬液をふき取るか、洗い流してください。

step
5
ブラシを捨てる

片方のまつ毛を塗り終えたら、その都度使用したブラシは捨てて、再使用しないでください


片方を塗り終えたら、新しいブラシを容器から取り出し、もう片方の上まつ毛にも、先ほどと同じようにグラッシュビスタ®を塗ります。

 

このような症状が出ることがあります

アレルギー反応

まぶたのかゆみ、目がしみる、目のかゆみ、目の痛みなどの症状があらわれることがあります。

このような自覚症状が持続する場合にはただちに受診してください。

色素沈着(起こりやすい)、多毛

メラニンの増加によりまぶたが黒ずむことがあります。

また、目の周りが多毛になったりすることもあります。

これらは、塗布を中止すると元に戻る可能性があります。

これらを予防、軽減するため、塗布後は必ず、目の周りについた薬をティッシュなど吸水性の素材でよくふき取るか、洗顔してください。

虹彩(黒目)の色が濃くなる

メラニンの増加により黒目(虹彩)の色が濃くなることがあります。

投与を中止しても元に戻らないことがあります。

また、片目のみ使用している場合には、左右の黒目の色に差が出てくる場合もあります。

よくある質問

Q グラッシュビスタ®とまつげ美容液、まつ毛育毛剤との違いは何ですか?
A 「薬事法」により、まつげケア用品は医薬品医薬部外品化粧品のどれかに分類され、一般的に、まつげ美容液は化粧品に、まつげ育毛剤は医薬部外品に分類されます。

化粧品は、医薬品医薬部外品と比べて効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。

医薬部外品は厚生労働省が許可した有効成分が一定の濃度で配合されているものの、医薬品に比べ、効果・効能が緩和であり、「治療」ではなく「予防」を目的に作られたものです。

Q 医療用医薬品とは何ですか?
A 医師の処方を必要とする医薬品を指します。

医薬品とは、「治療」を目的とした薬のことで、製造販売には厚生労働省の承認・許可が必要です。配合している有効成分の効果が厚生労働省から認められています。医師が処方する医療用医薬品もあれば、ドラックストアなどで購入することもできる大衆薬もあり、グラッシュビスタは医療用医薬品となります。

Q グラッシュビスタは、なぜ「長く、太く、濃く」することができるのですか?
A グラッシュビスタの有効成分であるビマトプロストが、成長期の毛包の比率を上昇させ、それに伴い、休止期の毛包の比率が減少することが示唆されています。そのため、まつげの休止期から成長期への移行を促進し、成長期の期間を延長させることにより、まつげの「長さ、太さ、濃さ」の増大に寄与すると考えられています。

Q 1~2日塗り忘れた場合はどうしたらよいですか?
A 塗り忘れても、1回に2滴塗ったり1日に2回塗ったりしないようにしましょう。一度にたくさん縫っても効果は変わらないだけでなく、色素沈着等のリスクが増すおそれがあります。その日のうちに気づいた場合は、すぐ1回1滴を塗ってください。翌日に気づいた場合には、前日の分は塗らず、片目ごとに、1回1滴を1日1回塗ってください。

Q 付属のアプリケーターではなく、綿棒を使って塗布しても問題ないですか?
A アプリケーターは滅菌されており、汚損を避けるために1回使い切りとなっています。同梱されているアプリケーター以外のブラシは滅菌性が不明ですので、使用を控えてください。

Q 投与期間中にマスカラを使用してもよいですか?
A マスカラを使用しても構いません。ただし、グラッシュビスタ®を塗布する際はマスカラや化粧を落とし、清潔にした状態で使用して下さい。

Q まつ毛のエクステンションを装着したままで、グラッシュビスタ®を使用できますか?
A 安全性等に関しては不明ですので、しないほうがよいでしょう。

Q どうやって保管したらいいですか?
A 直射日光を避け、室温(1~30℃)で、また、子供の手の届かないところに保管してください。

新企画

術前のデザイン、幅の決め方、術後のケアの仕方、など埋没法に関するあらゆる質問に院長自らが答えていきます。(ちなみにこのコーナー以外もすべて院長が答えていますが・・・)

完全書下ろしで、他のサイトには載っていないような(ぼく個人の見解が8割)情報が載っていますので是非参考にしてみましょう。

今すぐ見る

© 2020 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック