このような方におススメ

  • ニキビ跡の凹凸が気になる
  • 他の治療もいろいろ試したが、もっと効果のある治療がいい
  • 1回で効果が出る治療がいい

料金

イントラセル(FRM)
顔全体 ¥80,000

施術の説明

イントラセル(FRM)とは

イントラセル(FRM)は、49本の超極細針を皮膚に挿入し、針先から高周波を照射する治療です。

皮膚表面へのダメージは最小限に抑えながら、真皮層に効果的に熱刺激を加えることができます。

ダウンタイムが少し必要ですが、ニキビ跡のクレーターなどに効果の高い治療です

①チップを肌にあてます

②49本の極細針を真皮に刺入

③先端から高周波が出ます

④針が格納されます。これを繰り返していきます。

施術時のお痛みがやや強く、施術後の赤みは強く出ますが、1回でも効果を実感しやすいニキビ跡治療です。

このような治療も合わせていかがでしょうか

施術前の注意事項

乾燥している肌への施術は負担となりますので、十分に保湿してください。

もともとのお肌状態によっては、治療を受けていただくことができないこともあります(乾燥が強い、光過敏症、など)。

日焼け後、長時間紫外線を浴びた後、目安として2週間は開けましょう

施術について

施術時間 約90分
麻酔 強力麻酔クリーム(オプション)
施術中の痛み 部分的に、押されるような、針が刺さる痛み

麻酔クリームを使用しても、やや痛みを強く感じる施術です。

施術後の生活について

UVケア、保湿は日常的にしっかりと行ってください。

洗顔・メイク等 翌日から可
シャワー 当日から可
入浴 翌日から可
通院 不要
治療間隔の目安 約3~6か月おき

他の施術との間隔についてはスタッフにお尋ねください。

一般的な経過

美白、美肌のレーザー治療、光治療全般に言えることですが、やけどや肌荒れのリスクはゼロでありません。

そのような場合、当クリニックで経過を診させていただきますので、施術後、ご不安な点がありましたら遠慮なくご相談ください。

赤み・ほてり

照射当日~2日程度は赤み、火照り感などが強めに出ます。部分的に小さいかさぶたができることもあります。保湿をしっかりと行いましょう。

期待できる効果

  • にきびあとの凹凸の改善
  • ハリ感UP
  • 艶感UP

目安として、3~6か月おきに継続されることをお勧めしています。

このような症状が出ることがあります

やけど

照射後、ひりひりと赤みがある場合、皮が薄く剥けている場合、火傷の可能性があります。

診察の上、必要に応じて処方等をいたしますので、気になる場合早めにご連絡ください。

色素沈着

照射後に皮膚のかゆみが強く、掻いてしまうことで炎症が悪化、長引くことが主な原因です。乾燥を防ぐため、しっかりと保湿を行いましょう。

 

施術後のアフターケアに

イントラセル(FRM)は、肌への負担の強い施術です。施術後数日間は、肌は乾燥気味になり、敏感な状態になっています。

沈静効果のある、化粧水、乳液、クリーム等のご自宅での使用をお勧めしています。

また、同じメタトロン化粧品のセンシティブケアラインは、敏感肌の方にも安心してお使いいただける製品ですので、こちらもぜひお試しください。

よくある質問

Q 効果はどれぐらいで出ますか?

A 照射後、赤みが落ち着いた時点で、肌のハリ感UP、滑らかになった感じなどが期待できます。(個人差があります)

Q 痛みが心配です

A 麻酔クリームを使用しますが、照射している間にだんだんお痛みが出てきやすくなります。顔全体ではなく、にきびあとが気になる部分のみを集中して照射することもできます(その方が早く終わるので痛みも少しマシ)

投稿日:2019年4月18日 更新日:

Copyright© 京都の美容外科・美容皮膚科|烏丸御池ビューティークリニック , 2019 All Rights Reserved.